2022年1月16日

そらいろ便り

hr1

自然の営みはつつがなく、はれやかな初日とともに新しい年を迎えました。
長野県佐久圏域には再び「新型コロナウイルス特別警報Ⅱ」が発出されております。

ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店づくりのはじまりを大切に、
漆の器」をこれからご購入いただく方、これまでご購入いただいた方とふれあう、
お客様同士が接触することのない、ご予約制の店舗として営んでおります。

*手指衛生には、正プラス株式会社 yuicaブランドの「森のおしぼり」を、
木造空間の除菌には、黒澤酒造の高濃度アルコール「白樺の里」を活用して、
長野県が実施する「新型コロナ対策推進宣言」の店づくりに努めています。

*ご来店はご予約制とし、1週間前までにお電話またはメールにて承ります。
店舗営業日の公開、千曲ビューライン沿いへの看板設置は自粛しております。

*夫婦共創の「漆の器」を展示販売する店舗につき、ご来店のご予約は、
これからご購入いただく方、これまでご購入いただいた方に限らせていただきます。
カフェでのおもてなしは、ご希望に応じて、コーヒー&焼菓子をご提供いたします。

*「漆の器」のご購入および贈り物をお考えのお客様には、
オンライン接客も承りますので、どうぞお申しつけくださいませ。

*当初より飲食店や喫茶店として営んでおりませんので、これまで同様、
併設のカフェのみご利用、不特定多数向けのスペース提供はお断りいたします。

*新型コロナウィルス感染症が終息するまで、マスク着用をお心がけください。

写真は、四季が織りなす、真冬の朝。
そらいろ便り」と「ものがたり」に、この丘の歩みを綴っております。
私たちの活動が皆さまのお役に立ち、未来へつながることを願っております。

(2022年01月16日 更新)

hr1

2022年1月3日

年輪を重ねる_2022新春

hr1

大晦日から絶やさず、薪ストーブを燃やし続け、
お客様と一緒に、幸先のよい初日の出を仰いで、
今年は隣町の神社へ、初詣は地域探訪の神社仏閣めぐり。
はれやかに、おだやかに、この丘の元日は過ぎ行きます。

箱根駅伝を聴きながら、ささやかなお節を「重ね箱」へ、
あれこれと詰め合わせることも、この丘の新春恒例に。
今年は日本海の幸と、飛騨高山から届いた美酒を添えて、
シンプルな仕上げの「漆の器」で、さりげない演出を。

このニンジンの葉から、キアゲハが羽化したね~
辛口が好きなこと、憶えていてくれて嬉しいね~
あたたかな思い出に、またひとつ年輪を重ねながら、
晴天率の高いまちを物語る、窓辺の陽だまりは和やかに。

hr1

2022年1月1日

新しい年を迎えて_2022

hr1

雪景色となった大晦日から、厳寒の夜明けに繊月が昇り、
やがて「荒船丸」が見守る、佐久平の“地上の星”が瞬き、
その舳先に、2022年もまた、輝かしい初日を仰ぎました。

『そらいろの丘』ならではの風景、今この空、今この時を、
「漆の器」のつかい手となってくださったお客様と共感できたこと、
また「そらいろ便り」を通して、遠方の皆さまへお伝えできること、
新しい年を迎えることができた慶びに、こころより感謝しております。

「年輪を重ねる」ものづくりは、ご家族の歩みとともにお声がけいただき、
「未来へつなぐ」森づくりは、この丘で育てた広葉樹の苗木を利根川上流へ、
深く長く生涯現役でありたいと願いながら、止まらず + 少しずつ = 歩 !!
今年も皆様のお役に立てますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

hr1

2021年12月31日

時を経るほどに_2121師走

hr1

青空と降りそそぐ太陽、星空のイルミネーションに彩られる、
『そらいろの丘』には、華美な装飾はありませんが、
身の丈のちいさなお飾りと共に、年神様とお客様をお迎えします。

この風景にとけ込むよう、郷里の友に作ってもらいましたが、
今年は、米づくりから手がけた、愛情あふれる稲わらのしめ縄♡
思いがけず雪景色となった大晦日、入魂の手描きの看板も新たに。

昨春より、ひと組のお客様とふれあう、ご予約制の店舗となり、
木の話、森の話、これからのライフスタイルを語らう空間として、
時を経るほどに趣を深めながら、私たちらしく前進しております。

いつもご覧いただいている皆さま、どうもありがとうございます。
憂いなくご来訪いただき、再会できる日をこころの糧に、
来る年が健やかで朗らかな年となりますようお祈り申し上げます。

hr1

2021年12月7日

黄昏色に染まる時_2021大雪

hr1

七十二候では「閉塞成冬の頃(そらさむくふゆとなる)」の頃、
黄昏時から逢魔時へ、山ぎわのグラデーションが美しい季節となりました。

夕暮れ時に行きます~
「漆の器」のつかい手となってくださったお客様が久しぶりにご来店、
薪ストーブの炎を灯りに、「黄昏色に染まる時」をご一緒しました。

お名前に「樹」という字がつきますよね~
ひと組のお客様とひと時を重ねる、ご予約制の店舗ならでは、
お客様とのエピソードを記憶することも、大切なカスタマーサービス。

床は何の木ですか?北海道産のカバです!北米産はバーチといいます~
今年いちばん明るい話題を届けてくれた、大谷翔平選手がバットに使用している木。
昨季までアオダモを使っていたそうですが、今季からバーチに変えたそうです。

木材の特長を擬音語に例えるなら、
パッコ~~ンとしなりに優れるアオダモ材、バキーーッンと反発力が高いバーチ材、
輝かしい受賞には「適材適所」もあったようです。

山から伐り出された木を見極め、その特長を生かして数々の商品を生み出してきた、
私たちならではの「木の話」だね~と、笑みがこぼれ、話がはずみました。
これからも、木に触れ、木を知り、木に親しむ、オンリーワンの空間創りを。

hr1

2021年12月1日

荒船丸ゆく_2021師走

Category: 荒船丸ゆく

hr1

信州小諸は、浅間おろし吹き荒ぶ季節となりました。
今日の最低気温は菅平が日本でいちばん!とNHKの全国ニュースで報道された朝、
北に菅平高原を見上げるこの丘も、マイナス6℃を超える冷えこみとなりました。

青空と降りそそぐ太陽、星空のイルミネーションに彩られる『そらいろの丘』は、
華美な装飾はありませんが、時を経るほどに、風合いを深めてゆくものとともに。
窓辺の陽だまりに感謝しながら、行く年を振り返るこの頃です。

幸先のよい初日をご一緒にとの思いから、来る年の元日も朝6時オープン!
漆の器」のつかい手となってくださったお客様にご案内しておりますが、
2021年より毎年ひと組限定に、2022年はすでにご予約を承っております。

写真は師走初め、舳先の「経塚山」に朝陽が重なる“ダイヤモンド荒船丸”ですが、
シャッターチャンスはほんの一瞬、その瞬間はカメラを構えてスタンバイ!
7年目の初日の出を皆さまにお届けすることも、大切な仕事と思っております。

*『そらいろの丘』はご予約制の店舗として営んでおります。
2022年元日のご予約は締め切りました~2023年元日のご予約はどうぞお早めに。

hr1

2021年11月15日

店づくり_2021

hr1

信州小諸は、窓辺の陽だまりがここちよい季節となりました。
何事も自粛の日々に腰を据えて、これまでの歩みを整理して、
ものがたり」再開に続き、ウェブサイトを更新しました。

ホームには、選りすぐりの風景と「漆の器」をスライドショーに、
店づくりには、大きな窓から望む、春夏秋冬をスライドショーに、
知っていただくから、親しんでいただくへ、さらに前進しました!

移りゆく風景はものがたり ~ この丘の軌跡に、記録に、記憶に

終の住まいならでは撮影できる、一瞬の“そらいろ”を追いかけて、
ご来訪&再訪を思い描いていただける、店づくりを心がけながら、
四季が織りなす『そらいろの丘』を綴ってゆきます。

hr1

2021年11月1日

ちいさな種から_2021秋

hr1

ちいさな種から芽生える、たくましい生命力を共感できたらと、
晴天率の高いまちに適った、ひまわりを育てるマイ・プロジェクト。
「太陽の花」という学名通り、はれやかに、すこやかに、ほがらかに、
曲り角のアイキャッチとして、この丘の夏の風物詩となりつつあります。

「ロシアンマンモス」という、搾油用に栽培され、食用にもなる品種で、
4月下旬に育苗ポットへ播種、本葉が4~5枚となった5月中旬に定植。
その年の気候により、生長もさまざま、開花も見頃もそれぞれですが、
1枚の写真は、記録となり、記憶となり、この丘の軌跡となっています。

私たちの「漆の器」のつかい手となってくださったお客様へ、
感謝の気持ちをこめて、今年も選りすぐりの種子をお届けいたします♡
ひと粒の種から笑みがこぼれ、話がはずむことを願っております!
ものがたりは、ちいさな種から 🌻

hr1

2021年10月13日

年輪を重ねる_2021寒露

hr1

野山の草木が露を結び、初冠雪の便りも届く、寒露の頃。
東京のイタリアンレストラン、小諸市の地域おこし協力隊を経て、
北国街道小諸宿の古民家をリノベーションされた『BISTORO AOKUBI』へ。
重ね箱」を持参して、お料理をテイクアウトしました。

「小諸という土(テロワール)の豊かさ、楽しさを伝えたい」
というシェフの心と技を「重ね箱」へ、彩り美しく詰め合わせていただき、
秋色に染まる草木と、浅間山麓の湧水と、おうちでイタリアン!を演出しました。

コーヒー美味しいですね!どこで修行されたのですか?
小諸で暮らす 移住体験ツアー」に協力させていただいた折、
塗師が淹れたコーヒーに嬉しいお言葉を頂戴した、3年目の冬を思い出しながら…

プラスチック廃棄物があふれ、脱プラスチックが叫ばれる時代、
漆の器」持参で快くご対応いただき、ありがとうございます。
シンプルだから、四季を通して、隅がまるいから、あたたかな雰囲気に、
和食だけでなく、今風の洋食のシーンにも~1枚の写真にメッセージをこめて。

*来る年の門出に「重ね箱」を!と心あたためてくださっている皆さま、
こちらよりご予約を承っております~受注制作品につき、どうぞお早めに。

hr1

2021年10月8日

そらいろ便り_2021

hr1

10月8日は、漢数字の十と八で「木」という字から「木の日」
木のあたたかさやここちよさ、有効活用や可能性を見直す日です。
おかげ様でギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店舗オープン7年目となりました。
そらいろ便り」をご覧いただき、こころを寄せていただき、ありがとうございます♡

これまでの歩みだけでなく、これからの歩みへという思いをこめて、
〇周年ではなく、〇年目としていますが、小諸へ移って10年目の節目の年でもあります。
移住を機に転職される方もいますが、私たちは前職時代の先に今があり、夫婦共創であり、
信州小諸御牧ヶ原の魅力を広く伝えることで、まちのお役に立つことを掲げております。

あの日のあの空、また見たいわ~
何事も自粛の日々、お客様の声にお応えできるよう、ホームページを更新することに。
この「そらいろ便り」の隣に「ものがたり」というポートフォリオページを再開して、
写真をクリックすると“あの日のあの空”が、1枚の写真にこめたメッセージとともに。

いずれ捨てられ、いつか廃れる、一過性のモノやコトがあふれる時代、
私たちの活動は、細く長く、太く深く、木のように根を張り、未来へ継承してゆくこと。
この丘ならではの「富士見平を望む」風景(春夏秋冬のベストショットをセレクト)など、
ぜひ訪れてみたい!と思っていただける「ものがたり」を、これからも紡いでゆきます。

hr1