2021年3月1日

明日への希望

こころ留めた、希望あふれる空

hr1

自然の営みはつつがなく、ほんのり早春の息吹きを感じる季節となりました。
長野県では感染状況が落ち着き、感染警戒レベルが「1」に引き下げられました。

ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店づくりのはじまりを大切に、
漆の器」をこれからご購入いただく方、これまでご購入いただいた方とふれあう、
お客様同士が接触することのない、ご予約制の店舗として前進しております。

*手指衛生には、正プラス株式会社 yuicaブランドの「森のおしぼり」を、
木造空間の除菌には、黒澤酒造の高濃度アルコール「白樺の里」を活用して、
長野県が実施する「新型コロナ対策推進宣言」の店づくりに努めます。

*ご来店はご予約制とし、1週間前までにお電話またはメールにて承ります。
店舗営業日の公開、千曲ビューライン沿いへの看板設置は自粛いたします。

*夫婦共創の「漆の器」を展示販売する店舗につき、ご来店のご予約は、
これからご購入いただく方、これまでご購入いただいた方に限らせていただきます。
カフェでのおもてなしは、ご希望に応じて、コーヒー&焼菓子をご提供いたします。

*「漆の器」のご購入および贈り物をお考えのお客様には、
オンライン接客も承りますので、どうぞお申しつけくださいませ。

*当初より飲食店や喫茶店として営んでおりませんので、これまで同様、
併設のカフェのみご利用、不特定多数向けのスペース提供はお断りいたします。

写真はいつかの早春、明日への希望を抱いた空。
2020年の新作「みつ入れ子」と「むつ入れ子」、こころを結ぶ贈り物など、
私たちのものづくりがお役に立つことを願っております。

(2021年3月1日 更新)

hr1

2021年2月28日

富士見平を望む_2020雨水

Category: 八ヶ岳,

恵みの雨で潤い、力みなぎる土色の田園

hr1

七十二候では「草木萌動(そうもくめばえいずる)」の頃。
朝5時過ぎはマイナス10℃まで冷えこみましたが、
日中は10℃を超える暖かさ、まさに三寒四温のこの頃です。

御牧ヶ原でも、蕗の薹(ふきのとう)が芽生えはじめているようですが、
最高地点のこの丘では、今か今かとこころ待ちに。

「富士見平を望む」風景の定点観測も、6年目の春。
大寒の頃と見比べ、ほんのり霞がかる大空、やんわり赤みがかる大地、
八ヶ岳の山頂の雪解けに、躍動の季節のはじまりを感じて。

hr1

2021年2月23日

富士山を望む

Category: 富士山

四季を織りなす富士山の定点観測は、記録に、記憶に、軌跡に

hr1

2月23日は、223 =「ふじさん」「ふじみ」の語呂合わせと、
富士山を望むことができる季節から「富士山の日」に制定されています。
田代博先生主催の『山の展望と地図のフォーラム (FYAMAP)』が
1996年1月、最初に宣言されたそうです。

私の母校で地理の教鞭を執られ、その後、富士山展望の第一人者として、
また、“富士山先生”としてメディア界でも活躍された田代博先生
この度の訃報に、こころよりお悔やみ申し上げます💧

先生のご自宅から望む富士山を拝見し、この丘から望む富士山をご覧いただき、
富士山を望むことができる「富士山可視マップ」を作成され、
そのエリアに住む人は4000万人、日本の人口の1/3と教えてくださいました。

『関東の富士見百景』から黙祷しよう~旧友からメッセージが届きました。
見ると元気が出る、富士山は「見力(みりょく)の山」というお言葉をこころに、
見ている人、見ることができる町との絆を大切に、定点観測を続けてゆきます。

睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 長月 神無月 霜月 師走

hr1

2021年2月16日

浅間山を望む_2021如月

Category: ,浅間山

『そらいろの丘』を左に望む、大自然の懐へ続く一本道

hr1

浅間南麓に開けた市街地から、左手前に隆起した御牧ヶ原まで、
大自然に抱かれる小諸のまちを見わたす、旧浅科村の田園風景。
ほんのり霞がかる空に、早春の息吹きを感じる季節となりました。

新春早々、長野県佐久圏域にも「新型コロナウイルス警報」が発出されましたが、
県内の感染状況が落ち着き、全圏域の感染警戒レベルが1に引き下げられました。
緊急事態宣言下の都府県を経由する出張は、未だ自粛していますが、
試練の日々の終息へ、躍動の季節へ、少しずつ前進しているこの頃です。

信念を貫き、真っ直ぐに歩いて行こう!と諭してくれる一本道。
まだまだ小雪が舞い、浅間おろし吹き荒ぶ日もありますが、
大自然の懐へ続く、この道に立つたび、私たちの歩みを重ねて。

hr1

2021年2月10日

富士山を望む_2021如月

Category: ,富士山

やんわり霞がかる夜明けの空、この丘へ根ざす拠り所となった風景

hr1

ほんのり早春の息吹きを感じる、如月の富士山。
見ている人、見ることができる町へ、想いを馳せる、
この丘へ根ざす拠り所となった、こころの風景。

しばらく遠出を自粛している日々、
この風景の向こうで、富士山を望んでいるかもしれない、
お客様や郷里の友の顔を思い浮かべる、こころの絆。

厳しい寒さに晒され、桜の木が「休眠打破」して、
今春の桜の開花は、平年より早いそうです。
自然の営みはつつがなく、6年目の春はもうすぐそこに。

睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 長月 神無月 霜月 師走

hr1

2021年2月6日

山眠る_2021如月

Category: ,浅間山

背伸びしても写りこむ桑の木、ほんのり膨らむ梢は大地の鼓動のように

hr1

新春は真っ白だった山頂に、ほんのり早春の息吹きを感じる如月。
気象庁から噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)に引き下げ、
小諸市から登山規制の緩和(前掛山の登山が可能)が発表されました。

浅間山噴火の報道があるたび、大丈夫?とご心配いただきますが、
ときどきほぅ~っと息抜きする様相は、地球の鼓動のように。
私たちもふぅ~っと深呼吸する様子を、見守っているように。

めぐる季節を綴ってきた「定点観測の軌跡」も6年目。
悠々しく生きる力を諭してくれる、偉大なる雄姿を仰ぎながら、
「山笑う」季節を、こころ待ちにするこの頃です。

hr1

2021年2月3日

年輪を重ねる_2021立春

ちいさな家族のささやかな食卓に、手頃な大きさの重ね箱・みつ入れ子

hr1

自然の営みはつつがなく、今年も立春を迎えました。
まだまだ朝晩は氷点下、ときどき浅間おろし吹き荒ぶ日々ですが、
やんわり霞がかる空、ほんのり膨らむ梢に、春を想うこの頃です。

例年は、春の植樹に向けて、東京郊外の苗畑へ出向く季節ですが、
今年は、緊急事態宣言下の都府県へ、出張を自粛することとなり、
この丘に根ざし、今できることに励む春となりました。

124年ぶりに2月2日となった節分の昼下がり、
重ね箱」に手まり寿司、「みつ入れ子」小に福豆、
根菜と野菜で花を咲かせて、ささやかながら除災招福を願いました。

今できることのひとつ、新作づくり。
試作して、試用して、試行錯誤を重ねて定番品となりますが、
次は「重ね箱」と年輪を重ねるお皿を…と心あたためております♡

*一年延期を予定していた『にわのわ アート&クラフトフェア・チバ 2021』は、
2月1日に開催中止が発表されました💧
にわのわらしい新たな“わ”を考えてくださっているので、あらためてご報告します。

hr1

2021年1月31日

荒船丸ゆく_2021睦月_続

Category: ,荒船山

上:1月15日、経塚山の頂からころんと落ちた朝陽
中:1月21日、デッキの上を転がるように昇る朝陽
下:1月31日、いつしか朝陽を乗り越えた荒船丸!

hr1

『そらいろの丘』の冬は、荒船丸を望むことから。
元日には、舳先の経塚山より右方に朝陽を仰ぎましたが、
荒船丸は、日々刻々と近づき、追いつき、ついに乗り越えて。

自然の営みはつつがなく、明日はもう2月、そして立春へ。
「荒船丸ゆく」風景は、移りゆく季節の気づきに。

立春を過ぎると、隣の木立と県境の山並みが重なり、
朝陽を追うことはできませんが、カメラもこころもリセット!
「定点観測の軌跡」は、地球の流転の学びに。

hr1

2021年1月29日

薪ストーブ燃ゆる_2021冬

Category: ,森づくり

上:厳寒の季節も、降りそそぐ太陽と薪ストーブに、ホッとする窓辺
中:玉切りを薪割りした瞬間、みずみずしい木肌は、木が生きている証
下:太さも曲りもいろいろな森の恵み、手間をかけて、薪として活用

hr1

塗師のライフワーク、森づくり。
例年は、春の植樹に向けて、東京郊外の苗畑へ出向く季節ですが、
今年は、緊急事態宣言下の都府県へ、出張を自粛することとなり、
地主さんのご厚意で、近隣の荒地を整備しています。

塗師の息抜き、薪づくり。
工房仕事の傍ら、整備した木や枝は、割って、積んで、乾燥させて、
来冬の薪づくりに励み、鬱蒼とした藪は風抜ける木立へ。
御牧ヶ原の美しい景観を保つことも、大切な仕事と取り組んでいます。

塗師の日課は、薪の準備と着火。
真冬日が続く日々も、森の恵みのおかげで、暖かく過ごしています。
木灰は土に還り、大地の力となり、ふたたび野山の草木に。
薪ストーブ燃ゆる木造空間は、循環する自然の営みを伝えています 🌳

hr1

2021年1月20日

富士見平を望む_2021大寒

Category: 八ヶ岳,

上:七十二候よりひと足早く、この丘の雄雉が鳴いた、小寒の朝
下:真冬日が続き、今冬いちばんの冷えこみとなった、大寒の朝

hr1

いちだんと澄みわたる空に、八ヶ岳の山頂が映える朝。
ふいに浅間おろしが吹き荒ぶ、厳寒の季節となりました。
定点観測の軌跡に、昨年の小寒一昨年の大寒を思い出しながら、
ひと足早い雄雉の鳴き声に、この丘の仲間を思いやるこの頃です。

長野県内の高冷地、菅平や野辺山の気温が北海道より低い朝は、
御牧ヶ原もキーンと冷えこみ、寒冷地であることを実感します。

小諸に新しい創作文化をつくり上げてください~
ささやかながら応援しています~
昨年、この風景の向こうからご来店くださったお客様のお手紙に、
ご愛用いただいているシーンを思い浮かべ、心だけはあたたかく♡

hr1