monthly archive 2021/01

荒船丸ゆく_2021睦月_続

『そらいろの丘』の冬は、荒船丸を望むことから。 元日には、舳先の経塚山より右方に朝陽を仰ぎましたが、 荒船丸は、日々刻々と近づき、追いつき、ついに乗り越えて。 自然の営みはつつがなく、明日はもう2月、そして立春へ。 「荒 […]

薪ストーブ燃ゆる_2021冬

上:厳寒の季節も、降りそそぐ太陽と薪ストーブに、ホッとする窓辺 中:玉切りを薪割りした瞬間、みずみずしい木肌は、木が生きている証 下:太さも曲りもいろいろな森の恵み、手間をかけて、薪として活用 塗師のライフワーク、森づく […]

富士見平を望む_2021大寒

いちだんと澄みわたる空に、八ヶ岳の山頂が映える朝。 ふいに浅間おろしが吹き荒ぶ、厳寒の季節となりました。 定点観測の軌跡に、昨年の小寒や一昨年の大寒を思い出しながら、 ひと足早い雄雉の鳴き声に、この丘の仲間を思いやるこの […]

荒船丸ゆく_2021睦月

『そらいろの丘』の1日は、「明けの明星」を望むことから。 空がいちだんと澄みわたる厳寒の季節、静謐な朝のはじまり、 その瞬間をお届けしたいと、拙い写真を撮り続けています。 中島みゆきの名曲に習い“地上の星”と呼んでいる、 […]

山眠る_2021睦月

信州小諸の冬らしいコントラスト、新春の浅間山。 偉大なる雄姿はいつも、悠々しく生きる力を諭してくれます。 この丘から仰ぐ浅間山は、剣ヶ峰(けんがみね)・牙山(ぎっぱやま)と重なり、 剣や牙という字のごとく、頂へ続く道のり […]

新しい年を迎えて_2021

夜明けのグラデーションに、富士山と「明けの明星」 やがて「荒船丸」が見守る、佐久平の“地上の星”が瞬き、 その舳先に、2021年もまた、輝かしい初日を仰ぎました。 『そらいろの丘』ならではの風景、今この空、今この時を、 […]