monthly archive 2021/02

富士見平を望む_2020雨水

七十二候では「草木萌動(そうもくめばえいずる)」の頃。 朝5時過ぎはマイナス10℃まで冷えこみましたが、 日中は10℃を超える暖かさ、まさに三寒四温のこの頃です。 御牧ヶ原でも、蕗の薹(ふきのとう)が芽生えはじめているよ […]

富士山を望む

四季を織りなす富士山の定点観測は、記録に、記憶に、軌跡に 2月23日は、223 =「ふじさん」「ふじみ」の語呂合わせと、 富士山を望むことができる季節から「富士山の日」に制定されています。 田代博先生主催の『山の展望と地 […]

浅間山を望む_2021如月

浅間南麓に開けた市街地から、左手前に隆起した御牧ヶ原まで、 大自然に抱かれる小諸のまちを見わたす、旧浅科村の田園風景。 ほんのり霞がかる空に、早春の息吹きを感じる季節となりました。 新春早々、長野県佐久圏域にも「新型コロ […]

富士山を望む_2021如月

ほんのり早春の息吹きを感じる、如月の富士山。 見ている人、見ることができる町へ、想いを馳せる、 この丘へ根ざす拠り所となった、こころの風景。 しばらく遠出を自粛している日々、 この風景の向こうで、富士山を望んでいるかもし […]

山眠る_2021如月

新春は真っ白だった山頂に、ほんのり早春の息吹きを感じる如月。 気象庁から噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)に引き下げ、 小諸市から登山規制の緩和(前掛山の登山が可能)が発表されました。 浅間山噴火の報道があるたび […]

年輪を重ねる_2021立春

自然の営みはつつがなく、今年も立春を迎えました。 まだまだ朝晩は氷点下、ときどき浅間おろし吹き荒ぶ日々ですが、 やんわり霞がかる空、ほんのり膨らむ梢に、春を想うこの頃です。 例年は、春の植樹に向けて、東京郊外の苗畑へ出向 […]