2021年9月28日

富士見平を望む_2021秋分

hr1

自然の営みはつつがなく、今年も実りの季節を迎えました。
“原”を守り続ける皆さんのおかげで、ひとの営みが自然と調和して織りなす、
この美しい風景を望むことができる日々に、こころより感謝するこの頃です。

じぃ~っと待った甲斐あって、長野県佐久圏域の感染者数は0を推移し、
新型コロナウイルス感染警戒レベルは 「1」(平常時)に引き下げられ、
これからもマナーを守りながら、ゆるやかに経済再開する秋となりました。

終の住まいのワンフロアで営むギャラリー&カフェは、今後もご予約制にて、
私たちの「漆の器」のつかい手となってくださったお客様に、
おだやかな時を過ごしていただきたいという、店づくりのはじまりを大切に。

私たちが育った首都圏から、峠を越えてご来訪いただき、
私たちの活動から、信州小諸御牧ヶ原に親しんでいただき、
まちを潤すことでお役に立ちたいという、店づくりのコンセプトも大切に。

『そらいろの丘』は、10月8日「木の日」で7年目を迎えます。

hr1

2021年8月31日

富士見平を望む_2021処暑

hr1

七十二候では「天地始粛(てんちはじめてさむし)」の頃、
ひと雨過ぎて残暑が和らぎ、さわやかな風わたる、葉月の終わり。
ちいさな種から芽生えたひまわりは、頭を垂れて、種子を熟して、
この丘へ定植したミズナラは、今年も実を結びました。

夏休みに入り、行楽等の往来が増えたことに伴い、
長野県では全県に「医療非常事態」が宣言され「特別警報Ⅱ」が発出されています。
9月20日まで「命を守る1か月」として、感染拡大させない行動に努めております。

今日は営業していますか?息子が東京から来ているので~
(旅行や帰省は自粛ですよね、緊急事態宣言下の都道府県から??)
ご予約制にて営んでおりますので、ホームページをご覧くださいませ~
(庭仕事の手を止めて対応する塗師、車の窓越しにノーマスクのおばさん??)

ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店づくりのはじまりを大切に、
「漆の器」をこれからご購入いただく方、これまでご購入いただいた方とふれあい、
細く長く、太く深く、私たちの活動を応援してくださるお客様とつながってゆく場。
今回だけ、自分たちだけ、という一過性のご来店はお断りしております。

月日は移りゆき、8月31日で竣工から丸6年。
贈り物のたびに思い出していただき、いつかの再訪を楽しみにしてくださっている、
これまでの出逢いあっての今と、こころより感謝申し上げます。
身のまわりの風景に、ささやかな喜びを見つけながら、7年目の秋がはじまります。

hr1

2021年8月20日

富士山を望む_2021葉月

Category: 富士山を望む

hr1

今日は富士山見える?からはじまる『そらいろの丘』の1日。
雲の多い梅雨から盛夏は、その雄姿を仰ぐ日は稀ですが、
ほんのり秋めく朝、こころ待ちにしていた風景を望みました。

森づくりの活動地でもある「富士山を望む」風景は、
この空の向こうで、富士山を望んでいるかもしれない、
お客様や郷里の友を思い浮かべる、大切なこころの絆。

向かい風にも負けず、太陽の恵みを懸命に浴びるひまわりから、
昨日より今日、今日より明日、そんな声が聞こえてきました。
ついに富士山の頂も越えた勇姿は、この夏の大切な思い出に 🌻

睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神無月 霜月 師走

hr1

2021年8月7日

富士見平を望む_2021立秋

hr1

七十二候では「大雨時行」から「涼風至(すずかぜいたる)」へ。
今夏は雨が少なく干ばつ、来る日も来る日も水遣りに追われた、盛夏から晩夏へ。
涼風わたる田園、すじ雲が描いた空もよう、暦通りに秋が訪れました。

夏休みに入り、行楽等の往来が増えたことに伴い、
長野県佐久圏域には現在「新型コロナウイルス特別警報Ⅱ」が発出されています。
都道府県境をまたぐ旅行・帰省等は原則中止・延期を!という全国知事会の宣言を、
みんなで守ることが一刻も早い終息につながる、と私たちは考えています。

至るまで、じぃ~っと待つことも大事…
梅雨空の頃は日照不足ながらも、夏空にぐんぐん育ち「太陽の花」を咲かせた、
この丘のひまわりと、この丘から望む風景が、今すべきことを諭してくれました。

hr1

2021年8月6日

東雲色に染まる時_2021立秋

hr1

七十二候では「大雨時行(たいうときどきふる)」の頃。
久しぶりに恵みの雨かな?と、夜明けの空を見上げると、
雲がみるみる染まり、東雲色に染まる、一瞬の“そらいろ”に!

猛暑の日々もいつしか、わた雲からすじ雲へ、
雲のかたちは、変わりゆく天候や、映りゆく季節を諭して、
その翌日、ヒグラシが鳴き、朝露が降りて、暦通りに秋が訪れました。

ひまわりの行進、力強いですね~
今年もあたたかなメッセージをありがとうございます♡
お客様とのつながりを、ことさら嬉しく思う、6年目の夏となりました。

hr1

2021年8月1日

ちいさな種から_2021夏

hr1

自然の営みはつつがなく、今年も「ひまわり咲く丘」の季節となりました 🌻
梅雨空の頃はひょろひょろしていましたが、みるみる私たちの背丈を越え、
はじめの一輪、つづけて数輪と、この丘の盛夏を彩っています。

8月2日に梅雨明け、8月3日に開花、梅雨明けの翌朝に笑みがこぼれた、2020年
7月24日に梅雨明け、8月4日に開花、降雹にも負けず一生懸命に輝いた 2019年
6月29日に梅雨明け、7月31日に開花、台風一過のはれやかな空に映えた 2018年
7月6日に梅雨明け、7月20日に開花、残り梅雨のぐずついた空に咲いた 2017年

森づくりも然り、その土地の野生種を大切に、園芸種は育てていませんが、
自家菜園と同様、生態系を壊さないように、種子の採取を心がけながら、
この風景にぴったり!なひまわりは、この丘の夏の風物詩となっています。

向かい風にも負けず、太陽の恵みを一生懸命に浴びる、
小ぶりながらも、ひたむきな勇姿は、まるでメダリストのように。
元気いっぱい!なひまわりは、明日への希望に満ちあふれています。

hr1

2021年7月22日

富士山を望む_2021文月

Category: 富士山を望む

hr1

夜明けの空には、やっぱり富士山だね~
幾重にも連なる山並みの向こうに、抜きん出る日本一の頂。
雲の多い梅雨から盛夏は、その雄姿を仰ぐ日は稀ですが、
梅雨明けの空に「富士山を望む」風景を望みました。

こんな朝は、東京からも見えるでしょう~
試練を乗り越え、海を渡って来たアスリートたちにも映り、
日本の美しい風景として、こころに刻まれることを願って。
ひたむきで、ゆるぎない、勇姿を見守る盛夏のはじまりに。

睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神無月 霜月 師走

hr1

2021年7月15日

空をわたる_2021小暑

Category: 空をわたる

雨あがりの朝、風が描いた空もよう

hr1

こころ待ちにしていた青空、八ヶ岳がちらり!
生まれたての蝉の声に目覚めた、雨あがりの朝、
久しぶりにカメラを構えて、思いきり深呼吸しました。

窓辺には、国蝶オオムラサキがひらり!
幼虫は榎で育ち、成虫は小楢や桑の樹液に集まるそうですが、
お隣の桑畑は今、蝶が集う憩いの場となっているようです。

梅雨明けを予感する、風が描いた空もよう。
今年も日照不足で、ひまわりの生長は遅れていますが、
自然の営みはつつがなく、6年目の盛夏はもうすぐそこに。

hr1

2021年6月30日

虹色に染まる時_2021夏至

雨あがりの空に描かれた、一瞬の光景!

hr1

年一度の「食品衛生講習会」を受講した帰り道、
“幸運のサイン”といわれるダブルレインボー!!
残念ながら運転中で、撮影することはできませんでしたが、
写真はいつかの夏、こんな風景が描かれたことでしょう 🌈

「食品衛生講習会」では、新型コロナウイルス感染症対策と、
今年6月から制度化された「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」
について講演いただきました。

『そらいろの丘』はちいさな店舗ですが、
時間をかけて拭き上げるガラス窓、定期的にワックスがけする家具や床など、
塗師自ら、漆塗りと同様の“磨き”を心がけています。

日本に育つ木のここちよさを伝える店舗として、
カフェテーブル&チェアも、木の手触りに親しんでいただく、展示のひとつ。
清潔な空間づくりも、大切な仕事と考えています。

hr1

2021年6月26日

十六夜の夜明け

富士見平を照らす十六夜、儚くもみるみる雲の向こうへ

hr1

自然の営みはつつがなく、今年も夏至を迎えました。
恵みの雨降る季節、シャッターチャンスはつかの間ですが、
寅の刻の空に、一瞬の光景を追いかけて。

山の端から昇る、夕べの月だけでなく、
山ぎわへ落ちる、夜明けの月もまた、神秘的な光を放って。

静寂につつまれた西の空に、儚くも十六夜は雲の向こうへ、
曙色につつまれた東の空に、やがて朝陽が昇りゆき、
『そらいろの丘』の清らかな1日がはじまりました。

hr1

-