2021年7月15日

そらいろの風_2021小暑

Category:

雨あがりの朝、風が描いた空もよう

hr1

こころ待ちにしていた青空、八ヶ岳がちらり!
生まれたての蝉の声に目覚めた、雨あがりの朝、
久しぶりにカメラを構えて、思いきり深呼吸しました。

窓辺には、国蝶オオムラサキがひらり!
幼虫は榎で育ち、成虫は小楢や桑の樹液に集まるそうですが、
お隣の桑畑は今、蝶が集う憩いの場となっているようです。

梅雨明けを予感する、風が描いた空もよう。
今年も日照不足で、ひまわりの生長は遅れていますが、
自然の営みはつつがなく、6年目の盛夏はもうすぐそこに。

hr1

2021年7月12日

富士見平を望む_2021夏

Category: ものづくり

1日のはじまりは、夜明けの空を望むことから

hr1

暦の上では小暑を迎え、青田風わたる季節となりました。
7月9日(金)・10日(土)・11日(日) の3日間、
この風景の向こうにひろがる、八ヶ岳南麓へ出向きました。

『八ヶ岳クラフト市 2021 夏の市』へご来場いただいた皆さま、
安全面に配慮した開催へご尽力いただいた実行委員の皆さま、
どうもありがとうございました~こころより御礼申し上げます。

高原の風わたる会場で、笑みがこぼれ、話がはずみ、
私たちのものづくりのテーマ「年輪を重ねる」を伝える場に。
県内や県境のまちのお客様との出会いを大切に、
いつかこの丘で再会できる日を、こころより願っております♡

hr1

2021年6月30日

虹の向こうに_2021夏至

Category:

雨あがりの空に描かれた、一瞬の光景!

hr1

年一度の「食品衛生講習会」を受講した帰り道、
“幸運のサイン”といわれるダブルレインボー!!
残念ながら運転中で、撮影することはできませんでしたが、
写真はいつかの夏、こんな風景が描かれたことでしょう 🌈

「食品衛生講習会」では、新型コロナウイルス感染症対策と、
今年6月から制度化された「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」
について講演いただきました。

『そらいろの丘』はちいさな店舗ですが、
時間をかけて拭き上げるガラス窓、定期的にワックスがけする家具や床など、
塗師自ら、漆塗りと同様の“磨き”を心がけています。

日本に育つ木のここちよさを伝える店舗として、
カフェテーブル&チェアも、木の手触りに親しんでいただく、展示のひとつ。
清潔な空間づくりも、大切な仕事と考えています。

hr1

2021年6月27日

年輪を重ねる_2021夏

Category: ものづくり

ちいさな家族のささやかな食卓に、手頃な大きさの重ね箱みつ入れ子

hr1

大きな窓から望む八ヶ岳連峰、その向こうにひろがる八ヶ岳南麓。
7月9日(金)・10日(土)・11日(日) の3日間、八ヶ岳自然文化園にて開催される、
八ヶ岳クラフト市 2021 夏の市』へ出展いたします。

年一度は首都圏へ!だけでなく、県内や県境のまちのお客様との出会いも大切に、
応募から選考、中止から再開と、『にわのわ』同様に長い道のりでしたが、
安全面に配慮した開催へ尽力いただいた、実行委員の皆さまに感謝しております。

私たちのものづくりのテーマ「年輪を重ねる」を伝えてゆくために、
このような活動にも努めております~ご来場をこころよりお待ちしております。
高原の風わたる会場で、笑みがこぼれる、夏の思い出となりますように♡

hr1

2021年6月26日

富士見平を望む_2021夏至

富士見平を照らす十六夜、儚くもみるみる雲の向こうへ

hr1

自然の営みはつつがなく、今年も夏至を迎えました。
恵みの雨降る季節、シャッターチャンスはつかの間ですが、
寅の刻の空に、一瞬の光景を追いかけて。

山の端から昇る、夕べの月だけでなく、
山ぎわへ落ちる、夜明けの月もまた、神秘的な光を放って。

静寂につつまれた西の空に、儚くも十六夜は雲の向こうへ、
曙色につつまれた東の空に、やがて朝陽が昇りゆき、
『そらいろの丘』の清らかな1日がはじまりました。

hr1

2021年6月18日

そらいろの風_2021芒種

Category:

雨あがりの朝、風が描いた空もよう

hr1

すがすがしい初夏から、みずみずしい仲夏へ移りゆく、芒種の頃。
恵みの雨降る季節、シャッターチャンスはつかの間ですが、
雨もようの合間に、流れゆく雲が描く、一瞬の光景を追いかけて。

来年の『にわのわ アート&クラフトフェア・チバ』へ続く道、
グループ展「circles niwanowa monthly exhibition 2021」は、
出展した「circles vol.2」が終了いたしました。
ご来場いただいた皆さま、ご尽力いただいた皆さま、ありがとうございました。

『にわのわテレビ』では、「丁寧な説明と買いやすい価格の漆器」と、
通常は卸や委託をせず、直接販売に徹しているからこその価格にも触れ、
私たちが心がけている、ものづくりの信念を、ご紹介いただく場となりました。

応募から選考、延期から中止、グループ展というかたちでの開催と、
長い道のりでしたが、千葉とのつながりが続く、ありがたい機会となりました。
つくるだけでなく売るまで、売るだけでなく補修や塗り直しまで、
“つかい手とのそれから”を大切に、“つかい手とのつながり”をこころの糧に。

hr1

2021年5月29日

虹の向こうに_2021小満

日々見上げる空に、ささやかな幸せを見つけて

hr1

いつもの初夏と変わりなく、田植えも終わる、小満の頃
大地を守り続ける地元の方々のおかげで、今年もまた、
刻々と移りゆく、美しい田園風景を望む季節となりました。

田圃に水が潤い、映りこんだ空や雲が一瞬の光景を描く、
この季節ならでは風景を、こころ待ちにしていましたが、
「五色月」にふさわしい、虹色のリフレクションに!

「梅雨入り」ではなく「走り梅雨」だったようで、
雨あがりではなく、思いがけず虹を望むこととなりました。
自然の営みはとめどなく、6年目の夏はもうすぐそこに。

2020秋
2019梅雨 2019春 2019立春
2018秋 2018晩夏 2018夏 2018春
2016冬

hr1

2021年5月28日

五色月の夕暮れ

見上げた空の色に、ささやかな幸せを見つけて

hr1

ちいさな種から芽生えた、ひまわりに水遣りする夕暮れ。
みるみる染まりゆく空に、カメラを持って丘に立つと、
そんな予感通り、美しい夕焼けが描かれました。

いつかの夕暮れ」へ想いを馳せる、黄昏色に染まる時。
七夜月の夕暮れ」以来となる、こころに響く“そらいろ”。

皐月には、田植えの祭りを彩る装束が由来ともいわれる、
「五色月(いついろづき)」という異称もありますが、
この日の夕空は、五色月の夕暮れと、こころに刻みました。

hr1

2021年5月25日

空へ続く_2021小満

みるみる流れゆく雲、空へ続く、一瞬の光景!

hr1

万物が満ちあふれ、草木が生い茂る、小満の頃
流れゆく雲にハッとして、カメラを持って丘に立つと、
そんな予感通り、今この時ならではの空に!
雲はみるみる移りゆき、庭仕事がここちよい日和となりました。

日本に育つ木の有効活用を掲げ、「空へ続く」をコンセプトに、
木造建築への深い造詣から創り出された、自然と調和する一軒家。
御牧ヶ原の丘の上に、ポツンと佇む『そらいろの丘』は、
時を経るほどに、この丘へ根ざして、風景にとけ込んで。

今年もまた、ちいさな種から芽生えた、ひまわりを定植しました。
ご覧いただいている皆さまに、つかの間、笑みがこぼれますよう♡

hr1

2021年5月23日

富士見平を望む_2021小満

空青く、緑映え、山笑う、万物が満ちあふれる季節へ

hr1

空青く、緑映え、山笑う、信州小諸御牧ヶ原らしい風景。
例年は、もわ~んとパステルトーンに染まる、立夏の頃も、
今年は、どよ~んとした空もようが続く「走り梅雨」となり、
季節はいつしか、万物が満ちあふれ、草木が生い茂る、小満の頃へ。

来年の『にわのわ アート&クラフトフェア・チバ』へ続く道、
グループ展「circles niwanowa monthly exhibition 2021」は、
5月から毎月1回、千葉県内のギャラリーなどを会場として開催中、
実行委員の皆さまのご尽力に、こころより感謝しております。

『そらいろの丘』は、6月5日(土)~8日(火)まで、
佐倉市の隣町『酒々井まがり家』へ出展予定、発送による搬入を終えました。
ご入場は無料ですが、安全面への配慮から、時間帯によりご予約制となります。

県をまたぐ移動の自粛から、展示会場に出向くことはできませんが、
江戸元禄年間創業という歴史ある酒蔵は、まさに「木の文化」を継承する空間。
私たちのものづくりのテーマ「年輪を重ねる」が伝わることを願っております。

hr1

-