桑畑にて_2020夏

「桑畑にて」というタイトルで綴る風景も、5年目となりました。 風が吹くと実は落ちて、風が止むとやって来る、お馴染みポコリンですが、 今年は「フィジカル・ディスタンシング」で、その気配を見守っています。 2019夏  20 […]

獣道の向こうに_2019冬

愛らしい姿から伏せのポーズに、耳も倒して身構える「野生の掟」、望遠レンズにて いちだんと冷えこんだ霜月の終わり、霜柱立つ蕎麦畑に、 秋田犬?マサル?ではなく、“原キツネ”のツネピー! 愛らしい姿から伏せのポーズに、ピンと […]

桑畑にて_2019夏

上:愛称ポコリンが3匹 !!! そこは獣道、追ってはならない境界線 中:昨年のポコリンにそっくり 下:ツネピーや小柄なポコリンも !! マルベリーパープル色の桑の実が、たわわに熟す季節。 「桑畑にて」というタイトルで綴る […]

桑畑にて_2018夏

初夏の陽射しを浴びて輝く桑の木、風に吹かれて実を落とす 風が止むとやって来るポコリン、野山の幸にお腹もぽっこり 風抜ける木立で、元気そうに枝を広げる桑の木に、 マルベリーパープル色の桑の実が、たわわに熟す季節となりました […]

桑畑にて_2017夏

桑の実を食べるタヌキ、ひとしきり食べ続けると、ぴょんぴょんと獣道へ シルクにロマンを馳せた、マルベリーパープル色の桑の実が、熟す季節。 かつて養蚕が盛んだった東信濃には、ところどころに桑畑が残っています。 信濃国で育った […]

獣道の向こうに_2017冬

梅見月(うめみづき)・木芽月(このめづき)・早緑月(さみどりづき)など、 如月の異称に、春を待ち焦がれている間に、 一月(いちげつ)往ぬる・二月(にげつ)逃げる・三月(さんげつ)去るのごとく、 花見月・夢見月の弥生となり […]

獣道の向こうに_2017大寒

動物たちの足跡が行き交う雪原に、“ウサピー”(と愛称をつけたノウサギ)の足跡も おだやかな天気に恵まれた新春から、恵みの雪降る寒中となりました。 モノクロームな朝がひとたび晴れて、窓の向こうに広がる、 キラキラ輝くまばゆ […]

桑畑にて_2016夏

早朝の桑畑、甘~い桑の実を、いちずに食べるタヌキ 雨上がりのみずみずしい朝… 東の窓の向こう、桑畑の草むらで、のそのそと動く影みっつ。 キジの親子に続き、桑の実を食べに来た、タヌキ! と、窓越しにカメラを構えて、その一匹 […]

桑畑にて

レンズを向けても気づかないほど、いちずに食べるキジの親子、風にゆれる桑の実 マルベリーパープル色に、桑の実が熟す季節… 毎朝、高らかな雄叫びで、夜明けを告げてくれるキジが、 完熟して草むらに落ちた実を、美味しそうに食べて […]

獣道の向こうに_2016春

草を食む愛らしい姿が、飛び上がった瞬間、ウサギの跳躍を間近に! 若草萌ゆる、うららかな昼下がり。 西側の窓の向こう、デッキの下で、もそもそと動く影ひとつ。 クローバーの葉を食む、その愛らしい姿は、ニホンノウサギ! と、今 […]