ちいさな種から_2021夏

ちいさな種から芽生えた命は、生長もそれぞれ、表情もさまざま

hr1

自然の営みはつつがなく、今年も「ひまわり咲く丘」の季節となりました 🌻
梅雨空の頃はひょろひょろしていましたが、みるみる私たちの背丈を越え、
はじめの一輪、つづけて数輪と、この丘の盛夏を彩っています。

8月2日に梅雨明け、8月3日に開花、梅雨明けの翌朝に笑みがこぼれた、2020年
7月24日に梅雨明け、8月4日に開花、降雹にも負けず一生懸命に輝いた 2019年
6月29日に梅雨明け、7月31日に開花、台風一過のはれやかな空に映えた 2018年
7月6日に梅雨明け、7月20日に開花、残り梅雨のぐずついた空に咲いた 2017年

森づくりも然り、その土地の野生種を大切に、園芸種は育てていませんが、
自家菜園と同様、生態系を壊さないように、種子の採取を心がけながら、
この風景にぴったり!なひまわりは、この丘の夏の風物詩となっています。

向かい風にも負けず、太陽の恵みを一生懸命に浴びる、
小ぶりながらも、ひたむきな勇姿は、まるでメダリストのように。
元気いっぱい!なひまわりは、明日への希望に満ちあふれています。

hr1

Previous post富士山を望む_2021文月 Next post東雲色に染まる時_2021立秋