富士見平を望む_2020立冬

朝陽に映える八ヶ岳、急峻な山肌が刻まれるひと時

hr1

赤朽葉(あかくちば)に染まる山肌、力みなぎる土色の田園。
美しいコントラストに、移りゆく季節を感じるこの頃です。

「この地方での最も忘れ難い、最も心地の好い時の一つである」
島崎藤村が『千曲川のスケッチ』に綴っているように、
信州小諸の小春日和は、窓辺の陽だまりがここちよく、
晴天率の高いまちならでは、太陽の恵みにことさら感謝する時。

野山の草木は変わらず、黄葉や紅葉から、やがて落葉の季節へ。
空がいちだんと澄みわたる、これからの季節もまたここちよく。

hr1

Previous post海を想う_2020霜月 Next post荒船丸ゆく_2020霜月_続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です