2019年10月20日

こ椀・お椀・おお椀

それぞれのシーンで活躍する「椀」、3サイズ重ねた展示をご覧になり、1セットお持ち帰りいただくことも

hr1

手のひらから伝わること、伝えることを、大切に考えているギャラリーでは、
手にとって、肌ざわりを感じて、親しんでいただく展示カウンターへ、
「こ椀」「お椀」「おお椀」の3サイズを、重ねて展示しております。

小盛りごはんや和え物、ご出産御祝など贈り物に慶ばれる、こ椀:口径3寸
ご飯にもお味噌汁にも、手のひらに馴染むかたちが人気の、お椀:口径4寸
お蕎麦やうどん、具沢山の汁物をあたたかに口元へ運ぶ、おお椀:口径5寸

日本の山に自生する山桜のお椀は、天然木の木塊から成形するため、
時間をかけて木材調達、十分な乾燥工程を経て、じっくりと仕上げています。
とりわけ大きな木塊から削り出す「おお椀」は、製作数も限られるため、
新年のお雑煮から使い初めたい!というお客様には、ご予約を承っております。

消費税率引き上げ前の9月末に、いったん締め切りましたが、
台風の影響でご来店いただけなかったお客様向けに、追加で承っております。
新年に縁起を担いでものを新調することは、日本が育んできた風習、
この丘から生まれた「漆の器」が、ご家族の年輪を重ねてゆきますように♡

*ただ今「こ椀」は在庫が少なく、次の仕上りは来夏以降の予定です。
心あたためてくださっている皆さま、どうぞご了承くださいませ。

hr1

2019年10月13日

荒船丸ゆく_2019神無月

Category: ,荒船山

台風一過の朝、雲間に輝く「荒船丸」

hr1

久しぶりの「荒船丸」に、ホッとした、台風一過の朝。
「千曲川」と聞いてご心配いただき、ありがとうございます。
この丘も強風に煽られましたが、燈台守のごとく、一晩中明かりを灯して、
無事に朝を迎えることができました。

台風19号で被災された皆さま、こころよりお見舞い申し上げます。
一刻も早くおだやかな日々が戻りますよう、お祈りしております。

台風はどうでした?停電しているのかしら?
御牧ヶ原にセカンドハウスがあり、東京と往来されているお客様、
この辺りは無事通過しましたとお伝えすると、安堵されたご様子、
ちいさな店舗ながら、お役に立てたようです。

できることを、できるかたちで、小さな心を、大きな力へ…
ちいさな店舗だから、できることもあると、こころの明かりを灯しました。

hr1

2019年10月8日

そらいろ便り_2019秋

Category: 八ヶ岳,

昨夕の残照と今朝の陰影、光と影が織りなす、富士見平を望む風景

hr1

10月8日は、漢数字の十と八で「木」という字から「木の日」。
木のあたたかさやここちよさ、有効活用や可能性を見直す日です。
おかげ様でギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店舗オープン5年目となりました。
そらいろ便り」をご覧いただき、こころを寄せていただき、ありがとうございます!

昨年まで「〇周年」と表記しておりましたが、今年から「〇年目」に…
これまでの歩みではなく、これからの歩みに目を向ける、思いをこめて。
終の住まいの地としてめぐり逢った、この丘に、細く、長く、深く…
木のように根を下ろして、皆さまのお役に立てることを願っております。

夫婦共創のものづくりに親しんでいただく、木造空間そのものがギャラリー。
私達の活動に共感いただき、ご来訪くださったお客様をおもてなしするカフェ。

私達の店づくりをご理解いただき、木と向き合うマナーを守っていただきながら、
日本に育つ木のここちよさに、ふらりと訪れ、ゆるりと触れる、丘となりますように。
数百本の年輪を刻む「木」から見れば、天職と向き合って、たった30数年ですが、
偉大なる森の恵みを、未来へ受け継ぐ店舗として、これからも年輪を重ねてゆきます。

hr1

2019年10月2日

東雲色に染まる時_2019秋

うろこ雲にススキの穂、この丘の風景も、いつしか秋模様に

hr1

季節は移りゆき、神無月の初め、東雲色に染まる時
うろこ雲がみるみる紅く染まり、大きな窓に映りこみ、
空へ続く『そらいろの丘』が、風景にとけ込んだ瞬間!

10月は、林野庁が主宰する「木づかい推進月間」です。
ライフワークの森づくりでは、企業のCSRを受け入れて、
豊かな森を未来へ受け継いでゆく、活動を続けています。
日々の暮らしの中で、「木づかい」を心がけましょう。

そして、10月8日「木の日」に、店舗オープン5年目を迎えます。
ギャラリーやカフェは、あちこちにありますが、月並みではなく、
日本に育つ「木」をテーマに、物語をつむいでゆく店舗として、
皆さまとの出逢いが、物語そのものとなりますように♡

hr1

2019年9月30日

紅葉月の夕暮れ

雨あがりの夕暮れ、ドラマチックに染まりゆく、感動の“そらいろ”

hr1

秋分の初候は「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」ですが、
今年はまだ雷が鳴りますね~と話した、いつかの夕暮れ
空がみるみる染まりゆき、紅葉を想う、真っ赤な“そらいろ”に!

こんな空を見あげたら、感動ものよね~
「そらいろ便り」をご覧いただき、想いを寄せてくださっている、
皆さまのこころにも、ぽぅ~っと灯がともりますように。

ヤマザクラやウルシ科ヌルデの枝先が、ほんのり色づきはじめる頃。
旧暦では紅葉(こうよう)の季節、長月の異称「紅葉(もみじ)月」から、
この日の夕空は、紅葉月の夕暮れと、こころに刻みました。

*『そらいろの丘』は、夫婦共創の「漆の器」を展示販売するギャラリー、
「漆の器」のつかい手となってくださったお客様をおもてなしする場です。
消費税率引き上げに伴い、本体価格は変わらず、増税分だけ値上げになります。

hr1

2019年9月29日

秋分の頃_2019

Category: 八ヶ岳,

黄金色に輝く田園の向こうに、秋らしい雲模様

hr1

黄金色に輝く、実りの季節。
ひとの営みが自然と調和して織りなす風景は、収穫の時を迎えています。
“原”を守り続ける皆さんは、ご家族そろって稲刈りを、
窓の向こうの田園は、黄金色からふたたび土色へ、移りゆくこの頃です。

朝は西の方へ、夕は東の方へ、「はさ掛け」の影もまた、秋の風物詩。
その土地の風土が表れる、稲や藁の天日干しは、まさに日本の原風景。
一直線に整然と並ぶ光景は、のびやかな大地が続く御牧ヶ原ならでは。

やがて「はさ掛け」や「藁ぼっち」が、秋深まる風景を描くことでしょう。
美しい田園風景を望むことができる日々に、こころより感謝する季節です。
ささやかに、新米を美味しくいただく設えと、木の文化のこころも大切に。

立春 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨 立夏 小満 芒種 夏至 小暑 大暑
立秋 処暑 白露 秋分 寒露 降霜 立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒

hr1

2019年9月20日

スカッと秋空の下_2019

美しい雲模様は、秋本番のはじまり、豊穣の時に感謝して

hr1

天高く馬肥ゆる、実りの季節。
ひと雨過ぎて、ふいに肌寒く感じた朝、
久しぶりにひろがった青空に、砂の如く秋雲が流れゆき、
空へ続く『そらいろの丘』が、風景にとけ込みました。

黄金色に輝く田園、いち面に白い花咲く蕎麦畑
ひとの営みが自然と調和して織りなす風景は、
はれやかに、ゆるやかに、豊穣の時を迎えています。

新幹線で日帰りできるんですね~
スカッと秋空の下、ご来訪いただき、ありがとうございます。
お持ち帰りいただいた「漆の器」を手にするたび、
こころ留めた“そらいろ”へ、想いを馳せてくださいませ♡

hr1

2019年9月19日

空へ続く_2019秋

大きな窓にうろこ雲が映りこみ、風景にとこ込んだ、一瞬の光景!

hr1

美しい雲模様は、秋本番のはじまり。
空へ続く『そらいろの丘』が、風景にとけ込んだ、一瞬の光景!
涼風が描いたうろこ雲は、ぐんぐん&みるみると流れゆき、
やがてスカッと秋空の下、さわやかな風わたる、絶好の旅日和に。

ひょっこりひとり旅しています~
郷里の友からメッセージが届いた朝、こころ留めた“そらいろ”より。

日本に育つ木の有効活用を掲げ、「空へ続く」をコンセプトに、
木造建築への深い造詣から創りだされた、自然と調和する一軒家。
御牧ヶ原の丘の上に、ぽつんと佇む『そらいろの丘』は、
時を経るほどに、この丘へ根ざして、風景にとけ込むかのように。

*「空へ続く」は、国産材を活用した木造建築の普及を願って、
『そらいろの丘』オフィシャルよりご紹介しております。
店舗兼住宅につき、建物全景の写真撮影およびブログ・SNS 等への
無断掲載はご遠慮いただいております~どうぞご了承くださいませ。

hr1

2019年9月10日

夜長月の夕暮れ

台風一過の夕暮れ、真っ赤な夕焼けにとけ込む『そらいろの丘』

hr1

夜がだんだん長くなることに由来し、その略と言われる長月は、
落陽がだんだん早くなり、さわやかな涼風に、夜長をする季節。

台風一過の夕暮れ、紅葉の季節を思わせる、真っ赤な夕焼け、
やがて『そらいろの丘』は、漆黒の闇に包まれてゆきました。

蝉の大合唱から、ここちよい秋の虫の音へ移りゆく頃、
この日の夕空は、夜長月の夕暮れと、こころに刻みました。

台風15号の影響を受けられた皆さま、こころよりお見舞い申し上げます。
早くおだやかな日々が戻りますよう、微力ながら、祈念しております。

hr1

2019年9月7日

禾乃登の頃

Category: 八ヶ岳,

大地を受け継ぐ営みと、自然が調和して織りなす、美しき日本の原風景

hr1

七十二候では「禾乃登(こくものすなわちみのる)」の頃、
窓の向こうの田園も、実りの季節を迎えています。
しばらく雲に覆われていた八ヶ岳が、スカッと青空に映える朝は、
美しい田園風景を望むことができる日々に、こころより感謝して。

実るほど、稲穂が頭を垂れ、ささやかに、新米をいただく、
実りの季節は、「木の文化」に親しんでいただく時でもあります。

新年に使い初めたい!という皆さま、「重ね箱」と「おお椀」は、
9月末までご予約いただいた方へ、12月下旬にお届けいたします。
皆さまの歩みと年輪を重ねる、私達のものづくりが、
実りの季節を愉しむ、お役に立てることを願っております。

立春 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨 立夏 小満 芒種 夏至 小暑 大暑
立秋 処暑 白露 秋分 寒露 降霜 立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒

hr1

-