monthly archive 2016/06

一本道の彼方に

お隣 佐久市、旧浅科村の田園風景を貫く一本道。 ここは、江戸時代初期、その生涯と私財を投じて、遠く蓼科山から湧水を引いた、 市川五郎兵衛真親(さねちか)翁の偉業から、「五郎兵衛新田」と言われています。 その左手前、浅間連 […]

空へ続く

御牧ヶ原の丘の上に、ぽつんと佇む木造建築『そらいろの丘』。 日本に育つ木の有効活用を掲げ、「空へ続く」をコンセプトに、 北村建築設計事務所 に設計していただきました。 店舗の中から、まるで空とつながっているかのような、大 […]

鮮やかに

信州小諸は、全国でも指折りの、晴天率の高いまち。 どんより梅雨空の日々に、天気予報の雨マークから、 つかの間、こんな“ハレソラ”が広がりました。 雨に洗われた、清々しい青空の下、 ひと雨降るたび、鮮やかに移りゆく田園風景 […]

桑畑にて_2016夏

早朝の桑畑、甘~い桑の実を、いちずに食べるタヌキ 雨上がりのみずみずしい朝… 東の窓の向こう、桑畑の草むらで、のそのそと動く影みっつ。 キジの親子に続き、桑の実を食べに来た、タヌキ! と、窓越しにカメラを構えて、その一匹 […]

桑畑にて

レンズを向けても気づかないほど、いちずに食べるキジの親子、風にゆれる桑の実 マルベリーパープル色に、桑の実が熟す季節… 毎朝、高らかな雄叫びで、夜明けを告げてくれるキジが、 完熟して草むらに落ちた実を、美味しそうに食べて […]

木を削る_続

長らく封印していた小道具を出して、木を削る、冬の日々… その後、『そらいろの丘』をスタジオに、テキストの写真撮影が行われ、 4月下旬、「手づくりおさじプログラム」がリリースされました! ようやく店舗オープン、仕事を再開し […]

空はキャンバス_水無月

どよ~んとした空の日々は、草木が生長する、恵みの雨の季節です。 そんな梅雨の合間、雨に洗われた、清々しい青空が広がり、 右に八ヶ岳、左に千曲ビューラインと佐久平、野辺山方面を望む空に、 躍動感あふれる、リズミカルな雲が描 […]

そらいろの丘_2016夏

水無月のはじまり。 その語源は、田圃に水が張られる「水張月」とも、 田植えという大事な仕事をし終えた「皆仕尽」とも言われますが、 『そらいろの丘』をつつみこむ風景も、水潤い、緑深く、 山滴る季節へと移ろうこの頃です。 冬 […]