荒船丸ゆく_2018睦月_続

夜明けのグラデーションから、朝陽が昇る瞬間まで、刻々と移りゆく“そらいろ”

hr1

佐久平の向こうに、朝陽を仰ぐことからはじまる1日。
ぽつぽつと地上の星が瞬く、静寂に包まれた佐久平の町、
山ぎわのグラデーションは、やんわりと筋雲たなびく曙色へ、
やがて「荒船山」の向こうから、輝かしい朝陽が昇りました。

凛とした朝、厳寒の季節ならでは、澄みわたる空は、
晴天率の高いまち、信州小諸の魅力のひとつ。
朝陽を浴びてエネルギーチャージ!1日の力が湧きあがります。

師走元日には、「荒船山」の右方から昇っていましたが、
いつしか舳先の「経塚山」へ、そして平坦な頂上部へ…
雲海の向こうに初日を仰いでから2週間、移りゆくサンライズは、
まるで「荒船山」が、向こうの荒海を進んでいるかのようです。

1枚の写真が物語る「定点観測の軌跡」、今年もまた、ゆるやかに。

hr1

Previous post荒船丸ゆく_2018睦月 Next postあたたかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です