空をわたる

清らかな青空の下、す~いすいと泳ぐ水鳥たち。

hr1

北アルプスを望む、おさんぽ日和な午後。
澄みわたる冬空に響く、キュイッキュイ~ッという声に誘われて、
そらいろの丘』の向かい、「みまき大池」の畔を歩いて行きました。

額からくちばしが白い顔は、オオバンという、ツルの仲間のようです。
空を渡ってきたのでしょうか?この池で越冬しているのでしょうか?
頭が緋色のヒドリガモも一羽、黒い群れと一緒に、浮かんでいました。

ヒドリガモの「緋(ひ)」は、私達が提案する「漆の器」の「緋(あけ)」。
日本の自然が織りなす、日本固有の伝統色との、偶然の出会い!
凍える手でカメラを向けながら、心にぽぅ~っと、緋色が灯りました。

hr1

Previous post浅間山を望む_如月 Next post富士山を望む_如月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です