空へ続く

雨上がりの空、流れゆく雲、風景にとけこむ木造建築。

雨上がりの空、流れゆく雲、風景にとけこむ木造建築。

hr1

御牧ヶ原の丘の上に、ぽつんと佇む木造建築『そらいろの丘』。
日本に育つ木の有効活用を掲げ、「空へ続く」をコンセプトに、
北村建築設計事務所 に設計していただきました。

店舗の中から、まるで空とつながっているかのような、大きなガラス窓。
店舗の外から、まるで空へ続いてゆくかのように、計算された支柱と屋根。
長年木と向き合ってきた、私達の要望に、きめ細かく応えてくださいました。

赤松(あかまつ)や檜(ひのき)の構造材、漆喰の壁は、温湿度を調整して快適空間を、
地場産材の唐松(からまつ)の外壁やデッキは、時を経るほどに、周囲へとけこんで。
木造建築への深い造詣から創りだされた、この丘の自然と調和する一軒家

ものづくりは出会いいの一番空高く棟上げて……
昨年、綿密な打合せを重ねながら、共に築き上げてきたことを思い出して。
そして今夏、空へ続く丘が、次の出会いへとつながりますように!

hr1

Previous post鮮やかに Next post食彩に寄り添う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です