ひんやりと

hr1

手のひらに馴染む山桜のお椀
保温性が高い「漆の器」は、保冷性も高く、
これからの季節、ひんやりと冷たいデザートにもおすすめします。

お味噌汁やスープは冷めにくく、あったか~い美味しさを、
アイスクリームは溶けにくく、つめた~い美味しさをキープする、
他の素材と比べて熱伝導率が低い、木という素材ならではの特性。

和食に限らず、今風の食彩に寄り添う、おだやかな色合いの「お椀」は、
どんなお料理もやさしく包み、さまざまな場面で活躍します。
使いこむほどに風合いを深め、傍らで長く生き続けることも、また魅力。

漆の器ひとつ、愛着を持って、使い続けませんか?

hr1

Previous postいつかの夕暮れ Next postななつ入れ子_終

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です