富士見平を望む_2022清明

自然の営みはつつがなく、万物が清く、明るく、美しい、清明の頃。 標高差150メートル下った町中では、ソメイヨシノが開花したようですが、 浅間おろし吹き荒ぶ日もある、御牧ヶ原の春はゆっくりと、じっくりと。 御嶽山、今日も見 […]

富士見平を望む_2022雨水

長野県内の高冷地、菅平や野辺山の気温が北海道より低い朝は、 御牧ヶ原もキーンと冷えこみ、寒冷地であることを実感します。 今年は立春を過ぎても「真冬日」が続き、雪が解けることなく、 昨年の雨水と見比べ、厳しい寒さを物語る、 […]

富士見平を望む_2022立春

長野県も雪でしょう?とご心配いただいた通り、 舞っても積もらなかった雪が、20センチ程の積雪となりました。 人生半ばを飛騨高山で暮らした塗師は、“雪またじ”も得意技。 晴天率の高いまちならでは、翌日は雪かき日和となりまし […]

富士見平を望む_2020小寒

長野県は雪でしょう?とご心配いただきますが、 雪は舞っても積もらず、陽は照っても氷点下の「真冬日」が続いています。 人生半ばを飛騨高山で暮らした私たちにとって、雪のない冬はありがたく、 太陽の恵みに感謝しながら、あれこれ […]

黄昏色に染まる時_2021大雪

七十二候では「閉塞成冬の頃(そらさむくふゆとなる)」の頃、 黄昏時から逢魔時へ、山ぎわのグラデーションが美しい季節となりました。 夕暮れ時に行きます~ 「漆の器」のつかい手となってくださったお客様が久しぶりにご来店、 薪 […]

そらいろ便り_2021

10月8日は、漢数字の十と八で「木」という字から「木の日」 木のあたたかさやここちよさ、有効活用や可能性を見直す日です。 おかげ様でギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店舗オープン7年目となりました。 「そらいろ便り」 […]

富士見平を望む_2021秋分

自然の営みはつつがなく、今年も実りの季節を迎えました。 “原”を守り続ける皆さんのおかげで、ひとの営みが自然と調和して織りなす、 この美しい風景を望むことができる日々に、こころより感謝するこの頃です。 じぃ~っと待った甲 […]

富士見平を望む_2021処暑

七十二候では「天地始粛(てんちはじめてさむし)」の頃、 ひと雨過ぎて残暑が和らぎ、さわやかな風わたる、葉月の終わり。 ちいさな種から芽生えたひまわりは、頭を垂れて、種子を熟して、 この丘へ定植したミズナラは、今年も実を結 […]

富士見平を望む_2021立秋

七十二候では「大雨時行」から「涼風至(すずかぜいたる)」へ。 今夏は雨が少なく干ばつ、来る日も来る日も水遣りに追われた、盛夏から晩夏へ。 涼風わたる田園、すじ雲が描いた空もよう、暦通りに秋が訪れました。 夏休みに入り、行 […]

十六夜の夜明け

自然の営みはつつがなく、今年も夏至を迎えました。 恵みの雨降る季節、シャッターチャンスはつかの間ですが、 寅の刻の空に、一瞬の光景を追いかけて。 山の端から昇る、夕べの月だけでなく、 山ぎわへ落ちる、夜明けの月もまた、神 […]