そらいろ便り_2021

10月8日は、漢数字の十と八で「木」という字から「木の日」 木のあたたかさやここちよさ、有効活用や可能性を見直す日です。 おかげ様でギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店舗オープン7年目となりました。 「そらいろ便り」 […]

富士見平を望む_2021秋分

自然の営みはつつがなく、今年も実りの季節を迎えました。 “原”を守り続ける皆さんのおかげで、ひとの営みが自然と調和して織りなす、 この美しい風景を望むことができる日々に、こころより感謝するこの頃です。 じぃ~っと待った甲 […]

富士見平を望む_2021処暑

七十二候では「天地始粛(てんちはじめてさむし)」の頃、 ひと雨過ぎて残暑が和らぎ、さわやかな風わたる、葉月の終わり。 ちいさな種から芽生えたひまわりは、頭を垂れて、種子を熟して、 この丘へ定植したミズナラは、今年も実を結 […]

富士見平を望む_2021立秋

七十二候では「大雨時行」から「涼風至(すずかぜいたる)」へ。 今夏は雨が少なく干ばつ、来る日も来る日も水遣りに追われた、盛夏から晩夏へ。 涼風わたる田園、すじ雲が描いた空もよう、暦通りに秋が訪れました。 夏休みに入り、行 […]

十六夜の夜明け

自然の営みはつつがなく、今年も夏至を迎えました。 恵みの雨降る季節、シャッターチャンスはつかの間ですが、 寅の刻の空に、一瞬の光景を追いかけて。 山の端から昇る、夕べの月だけでなく、 山ぎわへ落ちる、夜明けの月もまた、神 […]

虹色に染まる時_2021小満

いつもの初夏と変わりなく、田植えも終わる、小満の頃。 大地を守り続ける地元の方々のおかげで、今年もまた、 刻々と移りゆく、美しい田園風景を望む季節となりました。 田圃に水が潤い、映りこんだ空や雲が一瞬の光景を描く、 この […]

富士見平を望む_2021小満

空青く、緑映え、山笑う、信州小諸御牧ヶ原らしい風景。 例年は、もわ~んとパステルトーンに染まる、立夏の頃も、 今年は、どよ~んとした空もようが続く「走り梅雨」となり、 季節はいつしか、万物が満ちあふれ、草木が生い茂る、小 […]

富士見平を望む_2021穀雨

田畑に潤いの雨降る、穀雨の頃。 浅間山を望む風景と同様、八ヶ岳もふたたび冠雪、 まだまだ遅霜の心配をする、花冷えのこの頃です。 小諸の町並みから150メートル上った『そらいろの丘』では、 コブシの花が終わり、ようやくヤマ […]

富士見平を望む_2021雨水

七十二候では「草木萌動(そうもくめばえいずる)」の頃。 朝5時過ぎはマイナス10℃まで冷えこみましたが、 日中は10℃を超える暖かさ、まさに三寒四温のこの頃です。 御牧ヶ原でも、蕗の薹(ふきのとう)が芽生えはじめているよ […]

富士見平を望む_2021大寒

いちだんと澄みわたる空に、八ヶ岳の山頂が映える朝。 ふいに浅間おろしが吹き荒ぶ、厳寒の季節となりました。 定点観測の軌跡に、昨年の小寒や一昨年の大寒を思い出しながら、 ひと足早い雄雉の鳴き声に、この丘の仲間を思いやるこの […]