そらいろ便り_2020秋

10月8日は、漢数字の十と八で「木」という字から「木の日」 木のあたたかさやここちよさ、有効活用や可能性を見直す日です。 おかげ様でギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店舗オープン6年目となりました。 「そらいろ便り」 […]

ちいさな種から_2020秋

店舗建築にあたり、中小企業庁の「地域需要創造型等起業・創業促進事業」にチャレンジし、 独創性のある事業として採択され、現在は 起業家教育の協力事業者 に登録しています。 相応の倍率だったので、その年度の採択も、今年度の登 […]

重ね箱_2020白露

野山の草木が露を結び、ほんのり色づきはじめる、白露の頃。 フォトグラファーとしても活躍される女将さんとのご縁から、 上棟式のお弁当を作っていただいた、小諸の名店『天麩羅割烹懐(かい)』に、 今回は「重ね箱」を持参して、お […]

こころを結ぶ_むつ入れ子

ひとつひとつ、こころを結ぶ、“そらいろスタイル”の贈り物。 今年の新作「むつ入れ子」も、2色のお箱をご用意しました。 持参するにも、発送するにも、手頃な大きさが魅力ゆえ、 さまざまなシーンで、お喜びいただけることを願って […]

むつ入れ子

どんな風に使おうか、あれこれイメージすることも、愉しさのひとつ。 いちばん大きなサイズに、すっぽりと片付くことも、嬉しさのひとつ。 おべんとうに、おうちごはんに、さまざまなシーンで活躍する入れ子が、 “そらいろスタイル” […]

むつ入れ子_予告

©2014 Nobutaka Sawazaki ウェブサイト開設時のイメージカット(以前のスタイル) どんな風に使おうか、あれこれイメージすることも、愉しさのひとつ。 いちばん大きなサイズに、すっぽりと片付くことも、嬉し […]

みつ入れ子_2020夏

信州小諸は栗(くり)の花咲く季節、その白くゆれる花を思う、 クリの小径木を活用した「みつ入れ子」が仕上がりました。 塗師自ら森づくりで間伐したクリ材と、地場産材を活用し、 年輪=生きている素材の表情を生かして、漆を塗り重 […]

年輪を重ねる_2020夏

ものづくりと言っても、スタイルはそれぞれ。 つくることに専念して、委託や卸で販売する昔ながらの様式もありますが、 私たちはつくり手であり、売り手であり、つかい手であることを大切に考え、 ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』 […]

年輪を重ねる_2020立夏

ちいさな家族のささやかな食卓に、手頃な大きさの「重ね箱」 桜咲く季節を迎えた、立夏の頃。 今年は、どこまでも続く空に、熱気球を望むこともできませんが、 GWの旗日に、お赤飯を炊いて、「重ね箱」に詰め合わせました。 野菜の […]

年輪を重ねる_2020春・続

ちいさな家族のささやかな食卓に、手頃な大きさの重ね箱・みつ入れ子 私たちのものづくりのテーマは「年輪を重ねる」ですが、 年一度は首都圏へ出向くことを掲げ、入選の便りにわくわくしておりました、 『にわのわ アート&クラフト […]