年輪を重ねる_2022新春

大晦日から絶やさず、薪ストーブを燃やし続け、 お客様と一緒に、幸先のよい初日の出を仰いで、 今年は隣町の神社へ、初詣は地域探訪の神社仏閣めぐり。 はれやかに、おだやかに、この丘の元日は過ぎ行きます。 箱根駅伝を聴きながら […]

年輪を重ねる_2021寒露

野山の草木が露を結び、初冠雪の便りも届く、寒露の頃。 東京のイタリアンレストラン、小諸市の地域おこし協力隊を経て、 北国街道小諸宿の古民家をリノベーションされた『BISTORO AOKUBI』へ。 「重ね箱」を持参して、 […]

年輪を重ねる_2021春

ちいさな家族のささやかな食卓に、手頃な大きさの重ね箱・みつ入れ子 SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」は、 持続可能な生産消費形態の確保を目的としています。 ものを消費する時、 持続可能な素材を選んでいますか? […]

年輪を重ねる_2021立春

自然の営みはつつがなく、今年も立春を迎えました。 まだまだ朝晩は氷点下、ときどき浅間おろし吹き荒ぶ日々ですが、 やんわり霞がかる空、ほんのり膨らむ梢に、春を想うこの頃です。 例年は、春の植樹に向けて、東京郊外の苗畑へ出向 […]

年輪を重ねる_2020立冬

ちいさな家族のささやかな食卓に、手頃な大きさの重ね箱・みつ入れ子 今年もまた、亡父の郷里から、新米の便りが届きました。 実りの季節が訪れるたび、思い出してくださり、ありがとうございます。 「重ね箱」に蒲焼きはどうかな? […]

そらいろ便り_2020秋

10月8日は、漢数字の十と八で「木」という字から「木の日」 木のあたたかさやここちよさ、有効活用や可能性を見直す日です。 おかげ様でギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店舗オープン6年目となりました。 「そらいろ便り」 […]

年輪を重ねる_2020秋

野山の草木が露を結び、ほんのり色づきはじめる、白露の頃。 フォトグラファーとしても活躍される女将さんとのご縁から、 上棟式のお弁当を作っていただいた、小諸の名店『天麩羅割烹懐(かい)』に、 今回は「重ね箱」を持参して、お […]

こころを結ぶ_むつ入れ子

ひとつひとつ、こころを結ぶ、“そらいろスタイル”の贈り物。 今年の新作「むつ入れ子」も、2色のお箱をご用意しました。 持参するにも、発送するにも、手頃な大きさが魅力ゆえ、 さまざまなシーンで、お喜びいただけることを願って […]

むつ入れ子

どんな風に使おうか、あれこれイメージすることも、愉しさのひとつ。 いちばん大きなサイズに、すっぽりと片付くことも、嬉しさのひとつ。 おべんとうに、おうちごはんに、さまざまなシーンで活躍する入れ子が、 “そらいろスタイル” […]

ゆるやかに_2020夏

新しい年を迎えてから、早いもので半年が過ぎました。 私たちを応援してくださるお客様と、はれやかな初日を仰いだ初春には、 思いもよらなかった試練の日々から、ゆるやかに経済再開するこの頃です。 私たちの活動から、信州小諸に親 […]