風景にとけ込む_2020立冬

移りゆく木立と、流れゆく雲にとけ込む『そらいろの丘』

hr1

暦の上では冬のはじまり、立冬を迎えました。
浅間山と八ヶ岳の初冠雪から、朝晩の気温がグッと冷えこみ、
この丘の広葉樹は、黄葉や紅葉から、やがて落葉の季節へ 🍂

流れゆく雲にハッとして、カメラを持って丘に立つと、
背景に風抜ける木立、風景にとけ込む木造建築がポツンと佇み、
朝陽が差しこむ、桑畑の影が伸びて、今この瞬間ならではの風景に!

外壁やウッドデッキのカラマツ材は、化学塗料で呼吸を止めることなく、
同じ土壌で育った地場産材ならでは、この丘の気候に適っているようで、
時を経るほどに、風合いを深めて、その魅力と可能性を伝えています。

*「風景にとけ込む」は、国産材を活用した木造建築の普及を願って、
『そらいろの丘』オフィシャルよりご紹介しております。
店舗兼住宅につき、建物全景の写真撮影およびブログ・SNS 等への
無断掲載はご遠慮いただいております~どうぞご了承くださいませ。

hr1

Previous post荒船丸ゆく_2020霜月 Next post海を想う_2020霜月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です