薪ストーブ燃ゆる

ぽかぽかと陽だまり、ゆらゆらと薪ストーブ、あたたかく&ここちよい冬の日

hr1

晴天率の高いまち、信州小諸。
降りそそぐ太陽と森の恵みに、心より感謝しながら、
そらいろの丘』の年の瀬は、おだやかに流れてゆきます。

太陽が高い季節は、空へ向かって伸びる支柱が、強い陽射しを遮り、
太陽が低い季節は、室内の隅々へ、あたたかな陽光が差しこみます。
風土に根ざした木造建築は、四季を通してここちよく。

日本に育つ木のここちよさを伝える、オンリーワンの店舗として、
行く年をふり返り、来る年に想いを馳せる、冬の日の昼下がり。
薪ストーブ燃ゆる木造空間は、心も体もあたたかに。

hr1

Previous post東雲色に染まる時_2016冬至 Next post富士山を望む_2016大晦日