荒船丸ゆく_2020小暑

早朝のひと時、梅雨明けを思わす夏空に深呼吸!

hr1

荒船丸」を望む、夏空を思わす朝。
梅雨寒と日照不足で、恒例のひまわりは生長が遅れています。
定点観測の軌跡をたどり、その年その年の天候の違いを実感、
はじめの一輪が7月下旬に花開いた、3年前を思い出しながら。

信州小諸らしいスカッと青空、向こうの田園をわたる青田風、
梅雨明けはもうすぐと、ひまわりを見守るこの頃です。
5年の歩みを振りかえり、私たちの店舗の進むべき道を実感、
ひと組のお客様とひと時を重ねる、ふれあいを想い描きながら。

hr1

Previous post空へ続く_2020夏 Next postむつ入れ子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です