空をわたる_2021小暑

雨あがりの朝、風が描いた空もよう

hr1

こころ待ちにしていた青空、八ヶ岳がちらり!
生まれたての蝉の声に目覚めた、雨あがりの朝、
久しぶりにカメラを構えて、思いきり深呼吸しました。

窓辺には、国蝶オオムラサキがひらり!
幼虫は榎で育ち、成虫は小楢や桑の樹液に集まるそうですが、
お隣の桑畑は今、蝶が集う憩いの場となっているようです。

梅雨明けを予感する、風が描いた空もよう。
今年も日照不足で、ひまわりの生長は遅れていますが、
自然の営みはつつがなく、6年目の盛夏はもうすぐそこに。

hr1

Previous post虹色に染まる時_2021夏至 Next postおべんとう箱