空へ続く_2020夏

夜明けの空にとけ込む、暁月と金星(矢印)と木造建築と

hr1

『そらいろの丘』の1日は、夜明けの空を望むことから。
梅雨明けをこころ待ちにする朝、カメラを持って丘に立つと、
「宵の明星」として見上げていた金星が「明けの明星」に☆

空へ続く」木造建築も、暁月と金星を見上げるように、
カメラを構える私もまた、夜明けの空にとけ込むように。
地球の流転と宇宙の神秘を感じる、一瞬の光景となりました。

木造建築への深い造詣から創りだされた、自然と調和する一軒家。
御牧ヶ原の丘の上に、ポツンと佇む『そらいろの丘』は、
時を経るほどに、この丘へ根ざして、風景にとけ込むかのように。

hr1

Previous postむつ入れ子_予告 Next post荒船丸ゆく_2020小暑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です