温風至の頃

雨あがりの夕暮れ、ドラマチックに染まりゆく“そらいろ”

hr1

暦の上では小暑、七十二候では「温風至(あつかぜいたる)」の頃ですが、
今年は肌寒く、ひまわりの生長も遅く、どんより梅雨空が続いています。
雨あがりの夕暮れ、木立から差しこむ夕陽に、カメラを持って丘に立つと、
そんな予感通り、空がみるみる紅く染まり、美しい夕焼けが描かれました。

明日への希望を感じる、今年いちばんのドラマチックな夕空、
温風の季節はもうすぐそこに、自然の営みの声が聞こえてきました。
空はこころを映すキャンバス、見上げた空の色を、いつまでも大切に。
いつかの夕暮れ」は、一緒に見上げた同志と、こころのアルバムに。

hr1

Previous post富士見平を望む_2020小暑 Next postむつ入れ子_予告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です