浅間山を望む_2020神無月

山眠る山頂と、山粧う山腹と、これから黄葉する桑の木と

hr1

季節は寒露に、七十二候では「菊花開(きくのはなひらく)」の頃。
草木に冷たい露が降り、この丘では野菊の花咲くこの頃です。

しばらく厚い雲に覆われていた浅間山は、
平年より10日早く、昨年より25日早い、初冠雪を迎えました。
薄っすらと雪化粧して、すぐに解けてしまう年もありますが、
今年は例年より早く、深く、真っ白な山頂が青空と秋雲に映えて。

スカッと青空に、浅間山をあおぐ、東信濃の冬はもうすぐそこに。
偉大なる雄姿はいつも、悠々しく生きる力を諭してくれます。

hr1

Previous postちいさな種から_ミズナラ Next post海を想う_2020神無月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です