森づくり_2023冬

hr1

塗師のライフワーク森づくり、NPO団体の活動を通して40年。
お隣さんのご厚意で荒れ地を整備させていただき、広葉樹の苗木を育てていますが、
今年もまた、早春の植樹に向けて、掘り起こしに勤しむ季節となりました。

「未来へつなぐ」をビジョンに、人工林を皆伐した跡地を整備して、
生態系豊かな広葉樹の森を再生する地道な活動から【陸の豊かさも守ろう】を実践。
長野県SDGs推進企業」に認定され、御牧ヶ原の景観保全にも努めています。

国の特別天然記念物 ニホンカモシカと共生するこの丘で、
農薬や化学肥料を使用しない広葉樹の苗畑は、浅間連山を仰ぐ風景にとけ込み、
春夏には緑の葉がCO2を吸収、秋には黄や紅に染まり、冬には落葉して土に還る、
その循環は生態系を保全、自然の営みと人の営みを調和する役割を果たしています。

ゆるやかな丘陵が続く御牧ヶ原台地では、大地を潤し、地盤を守り、強風を防ぐ、
「木」が大事な役目を担っていますが、自然への敬意の欠片もない無情な伐採も💧
長年「木」と向き合ってきた私たちにとって、あってはならない皆伐を目の当たりに、
地域の“気づき”となることも年の功と、小諸市生活環境課に問題提起しました。

ちいさな種からつむがれる物語は、はるか未来へ 🌳
木を育て、木を使う、日本人が継承してきた「木の文化」を、
ひろく伝えてゆくことも、これからの10年の大切な仕事に。

hr1

Previous post年輪を重ねる_2023新春 Next postそらいろ便り