富士見平を望む_2022白露

hr1

残暑の日々もいつしか、朝霧が立ち、スズムシが鳴く頃。
久しぶりに青空ひろがる朝、黄金色に移りゆく田園風景 🌾
“原”を守り続ける皆さんのおかげで、ひとの営みが自然と調和して織りなす、
この風景を望むことができる日々に、こころより感謝する季節となりました。

実るほど稲穂が頭を垂れ、ささやかに新米をいただく、
実りの季節は「漆の器」を使い初める時でもあります。

10月7日(金)・8日(土)・9日(日) の3日間、この風景の向こう八ヶ岳南麓へ、
八ヶ岳クラフト市 2022 みのり秋の市』に出展いたします。
年一度は首都圏へ!だけでなく、県内や県境のまちでの出会いも大切に、
応募から選考を経て、ひと足早い紅葉はじまる『八ヶ岳自然文化園』へ 🍂

佐久や上田には行くけど小諸は通り過ぎていた~
小諸にこんな素敵なスポットがあったのですね~
昨年は夏に出向きましたが、御牧ヶ原の魅力を伝える場となりました。
私たちの活動から信州小諸へ、もの・ひと・まちをつなぐことも大切に。

hr1

Previous postそらいろの丘_2022夏_続 Next postそらいろ便り