富士見平を望む_2021秋分

hr1

自然の営みはつつがなく、今年も実りの季節を迎えました。
“原”を守り続ける皆さんのおかげで、ひとの営みが自然と調和して織りなす、
この美しい風景を望むことができる日々に、こころより感謝するこの頃です。

じぃ~っと待った甲斐あって、長野県佐久圏域の感染者数は0を推移し、
新型コロナウイルス感染警戒レベルは 「1」(平常時)に引き下げられ、
これからもマナーを守りながら、ゆるやかに経済再開する秋となりました。

終の住まいのワンフロアで営むギャラリー&カフェは、今後もご予約制にて、
私たちの「漆の器」のつかい手となってくださったお客様に、
おだやかな時を過ごしていただきたいという、店づくりのはじまりを大切に。

私たちが育った首都圏から、峠を越えてご来訪いただき、
私たちの活動から、信州小諸御牧ヶ原に親しんでいただき、
まちを潤すことでお役に立ちたいという、店づくりのコンセプトも大切に。

『そらいろの丘』は、10月8日「木の日」で7年目を迎えます。

hr1

Previous post空をわたる_2021白露 Next postそらいろ便り_2021