富士見平を望む_2021大寒

上:七十二候よりひと足早く、この丘の雄雉が鳴いた、小寒の朝
下:真冬日が続き、今冬いちばんの冷えこみとなった、大寒の朝

hr1

いちだんと澄みわたる空に、八ヶ岳の山頂が映える朝。
ふいに浅間おろしが吹き荒ぶ、厳寒の季節となりました。
定点観測の軌跡に、昨年の小寒一昨年の大寒を思い出しながら、
ひと足早い雄雉の鳴き声に、この丘の仲間を思いやるこの頃です。

長野県内の高冷地、菅平や野辺山の気温が北海道より低い朝は、
御牧ヶ原もキーンと冷えこみ、寒冷地であることを実感します。

小諸に新しい創作文化をつくり上げてください~
ささやかながら応援しています~
昨年、この風景の向こうからご来店くださったお客様のお手紙に、
ご愛用いただいているシーンを思い浮かべ、心だけはあたたかく♡

hr1

Previous post荒船丸ゆく_2021睦月 Next post薪ストーブ燃ゆる_2021冬