富士見平を望む_2021処暑

ほんのり黄金色へ移りゆく田園、身のまわりの風景に、ささやかな喜びを見つけて

hr1

七十二候では「天地始粛(てんちはじめてさむし)」の頃、
ひと雨過ぎて残暑が和らぎ、さわやかな風わたる、葉月の終わり。
ちいさな種から芽生えたひまわりは、頭を垂れて、種子を熟して、
この丘へ定植したミズナラは、今年も実を結びました。

夏休みに入り、行楽等の往来が増えたことに伴い、
長野県では全県に「医療非常事態」が宣言され「特別警報Ⅱ」が発出されています。
9月20日まで「命を守る1か月」として、感染拡大させない行動に努めております。

今日は営業していますか?息子が東京から来ているので~
(旅行や帰省は自粛ですよね、緊急事態宣言下の都道府県から??)
ご予約制にて営んでおりますので、ホームページをご覧くださいませ~
(庭仕事の手を止めて対応する塗師、車の窓越しにノーマスクのおばさん??)

ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店づくりのはじまりを大切に、
「漆の器」をこれからご購入いただく方、これまでご購入いただいた方とふれあい、
細く長く、太く深く、私たちの活動を応援してくださるお客様とつながってゆく場。
今回だけ、自分たちだけ、という一過性のご来店はお断りしております。

月日は移りゆき、8月31日で竣工から丸6年。
贈り物のたびに思い出していただき、いつかの再訪を楽しみにしてくださっている、
これまでの出逢いあっての今と、こころより感謝申し上げます。
身のまわりの風景に、ささやかな喜びを見つけながら、7年目の秋がはじまります。

hr1

Previous post富士山を望む_2021葉月 Next postそらいろの風_2021白露