富士山を望む_2016師走

hr1

富士山を望む」師走の夜明け。
小さくても富士山、まぎれもない日本一の頂。
見ているひと、見ることができるまちとの、つながりを感じる山。

富士山を見上げて育った私たちにとって、ホッとするこの風景は、
この丘へ深く根ざすことを決めた、拠り所のひとつ。
この頂を望むたび、郷里を想い、友の顔を思います。

『そらいろの丘』は、富士山のビューポイント。
黎明の空が曙色へ、移りゆく山ぎわのグラデーションは、
凛とした冬の朝ならでは、こころに刻む風景となることでしょう。

睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神無月 霜月 師走

hr1

Previous post薪ストーブ燃ゆる Next post富士山を望む_2016師走