信州の木を適材適所に

hr1

信州は青空と太陽に育まれる豊かな森林に恵まれ、信州人は木と共に年輪を重ねてきました。
その地形と気候から多様な木が育ち、「適材適所」に生かす知恵と技術を継承してきました。
人工林の針葉樹、天然林の広葉樹、外来種の街路樹など、木にはそれぞれ役割があります。
さまざまな樹種のそれぞれの特長を生かす、「適材適所」は「木の文化」の真髄です。

森林面積も森林率も全国第3位の長野県では、これまで「その他広葉樹」として扱われ、
家具に使われる大径木のナラが薪に、お椀に使われる尺上のヤマザクラが燻製のチップに。
今は亡き飛騨の匠の「そんなことしたらダチカン!(飛騨弁でダメだの意)」という声を聞き、
「信州の木を適材適所に」活用することを、信州ウッドコーディネーターの活動テーマに。

7月15日 (月・祝)、木もれ陽が涼やかな長野県林業総合センター 森林学習展示館にて、
信州木工会主催、長野県後援の「信州の広葉樹材活用講習会」が開催されます。
終の住まいとして選んだまちが、木工家第一世代 谷進一郎氏の工房のある小諸だった…
というご縁からお力添えいただき、この度の講習会開催に至りました。

展示室には「愛・地球博」長野県館に展示されていた「千年の舞台」にモリゾー&キッコロ。
木工品に触れるコーナーには、前職時代に試作1号を調律した思い出深い「森の合唱団」も。
今回は木工家や木工関係者・木材関係者対象ですが、来年度は「信州の木」をもっとつかい、
つくり手とつかい手を “もっとつなぐ” 場の創出を目指して、止まらず+少しずつ = 歩!!

*「木工家」とは、「職人」と「作家」の要素を持ち、
自然が育んだ「木」と先人から受け継いだ「木工」という技や造詣をリスペクトし、
良いものを残そうという「志」を持った生き方・働き方をする人。
(谷進一郎氏「木工家の時代を考える」より抜粋)

*おかげさまで「信州の広葉樹材活用講習会」は定員に、受付締切となりました。
「信州の木を適材適所に」活用する輪がひろがってゆく場となるよう尽力いたします 🌳
(2024月7月10日 更新)

hr1

Previous postにわのわ アート&クラフトフェア・チバ_2024_続 Next postそらいろ便り