どこまでも_2021

気球に乗ってどこまでも♪ 学生時代に歌った合唱曲を、口ずさむ風景

hr1

この空の彼方へ、どこまでも
5月3・4・5日の3日間は、GWの風物詩『佐久バルーンフェスティバル』
昨年は中止、一昨年は強風、競技が実施されない日もありましたが、
今年は無観客で開催され、おだやかな日和に恵まれました。

「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」
という趣旨にふさわしい、バルーン日和となった「みどりの日」
萌ゆる野山、りんごの花咲く田園、ふたたび冠雪した八ヶ岳を背景に、
カラフルな熱気球が風景にとけ込みました。

みるみる飛び行く熱気球を見送ると、大空を旋回するトンビ。
向こうの田圃に水が潤い、カエルの大合唱もはじまりました。
自然の営みはつつがなく、私たちも変わりなく、明日は立夏を迎えます。

hr1

Previous post風景にとけ込む_2021穀雨 Next post富士見平を望む_2021小満