ちいさな種から_2021秋

hr1

ちいさな種から芽生える、たくましい生命力を共感できたらと、
晴天率の高いまちに適った、ひまわりを育てるマイ・プロジェクト。
「太陽の花」という学名通り、はれやかに、すこやかに、ほがらかに、
曲り角のアイキャッチとして、この丘の夏の風物詩となりつつあります。

「ロシアンマンモス」という、搾油用に栽培され、食用にもなる品種で、
4月下旬に育苗ポットへ播種、本葉が4~5枚となった5月中旬に定植。
その年の気候により、生長もさまざま、開花も見頃もそれぞれですが、
1枚の写真は、記録となり、記憶となり、この丘の軌跡となっています。

私たちの「漆の器」のつかい手となってくださったお客様へ、
感謝の気持ちをこめて、今年も選りすぐりの種子をお届けいたします♡
ひと粒の種から笑みがこぼれ、話がはずむことを願っております!
ものがたりは、ちいさな種から 🌻

hr1

Previous post年輪を重ねる_2021寒露 Next post店づくり_2021