立待月の夜明け

月を愛で、月と親しんできた、日本人。 太陽暦に代わる以前、月の満ち欠けを周期に、太陰暦が使われてきた歴史から、 多くの歌人が月を詠み、ロマンチックな月の物語が綴られてきました。 前の晩に、今か今かと立って待つうちに昇って […]

海を想う_2019夏

みずみずしい大地に、さまざまな命が輝く季節、芒種(ぼうしゅ)。 七十二候では、カマキリが生まれ、ホタルが舞い、梅の実が色づく頃。 今年は「芒種」を迎えた翌日に、関東甲信の梅雨入りが発表されました。 野山も田園も、恵みの雨 […]

富士見平を望む_2019小満

万物が満ちあふれ、野山の草木が生い茂る「小満」、 ひと雨降るたび、新緑から深緑へ、移りゆく季節、 窓の向こうの田園もまた、緑深まるこの頃です。 上旬には雹や遅霜が降り、下旬には猛暑が続き、 例年になく、気候の変動が大きか […]

富士見平を望む_2019立夏

窓のむこうの風景が、パステルトーンに染まる、立夏の頃。 「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」から「蚯蚓出(みみずいづる)」へ、 ひとの営みもまた、外仕事がここちよい季節となりました。 田圃に水が潤い、移りゆく風景を鏡のように […]

蛙始鳴の頃

太陽暦を24等分して、移りゆく季節を表す「二十四節気」 二十四節気をさらに約5日ずつ、3等分した「七十二候」 古代中国の暦に学び、日本の気候風土に適うよう改訂され、 歳時記や俳句にも使われてきた、四季を愛でる美しき表現。 […]

富士山を望む_卯月

昭和生まれとは言え、平成の方が長かったね~ 令和も同じくらい、年輪を重ねてゆきたいね~ 平成から令和へ、移り変わる朝、希望あふれる“そらいろ”を望みました。 美しい雲もようの下、幾重にも連なる山並みの向こうに、 森づくり […]

虹の向こうに_2019春

虹の向こうに願いを架けた、昨春を思う卯月終わり、 『そらいろの丘』の大きな窓から見わたす大空に、 大気中の氷の結晶と太陽光が屈折して起こるという、 虹色の光の帯「環水平アーク」が描かれました!! ふたたび白い頂となった八 […]

富士見平を望む_2019清明

信州小諸での8年目の春。 霞がかる日の多い早春は、気持ちもモヤモヤしがちですが、 晴天率の高いまちならでは、スカッと青空ひろがる日和に、 ホッと和らぎをおぼえる、卯月の日々。 季節はめぐり、万物が清く、明るく、美しい「清 […]

富士見平を望む_2019令月

あちこちの庭先に、梅の花かほる頃となりました。 厳寒の季節を越え、春に先がけて咲く梅は、小諸市の木。 森の国の「和の心」を伝えてゆく、私達の事業所名は、 塗師の名前から一文字とって「漆の和」(うるしのかず)ですが、 「和 […]

冬木立の向こうに_弥生

冬木立の向こうに垣間見る、北アルプスの白い頂。 その一瞬にこころ留めて、カメラを向けていますが、 シャッターを切るタイミングや、微妙な設定の違いで、 さまざまな色合いに写しだされ、1枚の風景写真に。 手持ちの望遠レンズで […]