monthly archive 2019/01

富士見平を望む_2019大寒

1年でいちばん寒さが厳しい、大寒の頃。 「湿雪」が積もる雪国と違い、「乾雪」が舞うこの頃ですが、 あっという間に解かしてくれる、太陽の恵みに感謝する日々でもあります。 この丘から望む、向こうの田園が「富士見平」という字に […]

荒船丸ゆく_2019睦月_続

「二十六夜月と明けの明星、木星の共演の幕開け」と、 お客様に教えていただいた、元日から、もうすぐひと月。 金星と木星が、今年前半でもっとも接近する!というニュースに、 早朝からカメラを構えて撮影した、明けゆく空に、星ふた […]

みまき大池にて_2019冬

窓の向こうに、水面が光る、三日月型の調整池「みまき大池」。 厳寒の季節、蛇行する大河のような川面は、いちめん厚い氷に、 遠くの国へ想いを馳せる、異国情緒な風景が描きだされます。 カメラを持って出かけた、ある日の夕暮れ、 […]

こ膳_2019冬

小正月も終わり、大寒へ向けて、寒さが厳しくなる頃。 今年の鏡開きは、「こ膳」とお飾りと桑の葉染めのマットで、 シンプルな小道具ならでは、あたたかな雰囲気を演出しました。 私達の「漆の器」を使ってみたい!というお客様向けに […]

黄昏色に染まる時_2019睦月

東の空に仰いだ「二十六夜月」は、西の空の「夕月」へ、 月の満ち欠けに、移りゆく季節を知るこの頃です。 マイナス10℃超と今冬いちばんの冷えこみとなった、翌朝の前兆のように、 山ぎわのグラデーションがひときわ映える、マジッ […]

空へ続く_2019冬

今冬いちばんとなる、マイナス10℃超まで冷えこんだ朝、 ふと見上げると、晩秋の頃を思い出す、美しい雲模様。 北風が描いたうろこ雲は、ぐんぐん&みるみると流れゆき、 また雲ひとつない、澄みわたる冬空へと、移りゆきました。 […]

荒船丸ゆく_2019睦月

「二十六夜月と明けの明星、木星の共演の幕開け」と、 お客様に教えていただいた、元日から3日ぶりの澄みわたる空、 「荒船丸ゆく」夜明けのグラデーションに、月と金星と木星と。 標準レンズで撮影した、拙い写真ですが、 月の斜め […]

新しい年を迎えて_2019

はれやかな空、ゆるやかな山並み。 『そらいろの丘』を表現するフレーズのような風景ひろがる新春、 「荒船丸」の舳先に、2019年の輝かしい初日を仰ぎました。 その厳かな瞬間を、この丘に魅せられたお客様と共感できたこと、 ま […]