monthly archive 2018/07

ひまわり咲く丘_2018

ひまわり咲く丘、ふたたび。 台風一過のはれやかな空に、いちばん花が咲きました! 梅雨明けから、信州小諸らしからぬ、猛暑の日々となりましたが、 ちいさな種から、想いをこめて育ててきたひまわりは、 昨夏より少し遅れて、大輪の […]

山滴る_2018

山滴る季節、浅間山もみずみずしく。 東の窓から、浅間山を望む「定点観測の軌跡」も、3年目の夏。 いつの間にか、桑の枝が写りこみ、気がつけば、背伸びしながら写真撮影! 木々の生長に、時の流れを重ねる、今日この頃です。 実を […]

大暑の頃

暑中お見舞い申し上げます。 今日から「大暑」、1年でいちばん暑い頃、とはいえ、 すでに小暑の頃から、例年にない猛暑が続いております。 そして今年も、『そらいろの丘』にひまわり咲く季節となりました。 播種の頃の遅霜や、定植 […]

手のひらから_2018夏

ご来店いただいたお客様が、手にとって、肌ざわりを感じられるように、 木ならではの、あたたかさやここちよさに、親しんでいただけるように、 『そらいろの丘』のギャラリーは、小さなスペースながら、 手のひらから伝わること、手の […]

こ膳_2018夏

手のひらから伝えるギャラリーに「こ膳」が並びました。 ご予約を承り、今秋10月末から、順次お届けする予定です。 “ものと出会う まちの風景” と “漆の器ひとつ こころ豊かに” をキャッチフレーズに、 『そらいろの丘』は […]

小暑の頃

七夕が過ぎ、大暑に向かってどんどん暑くなる季節、小暑(しょうしょ)。 雨あがりの朝、スカッと青空ひろがる風景もつかの間、 陽が昇り、夏雲がもくもくと、夕方には、雷雨がゴロゴロと、 見上げた空の色が、めまぐるしく移り変わる […]

見上げた空の色

早朝の雲の色を表す、「東雲(しののめ)」という風情ある言葉は、 古の住居の明かり取りに、篠竹が使われていたことから、 篠の目が転じて、夜明けの薄明かりを意味するようになったそうです。 ある朝、東の空のシャッターチャンスを […]