monthly archive 2017/06

風待月の夕暮れ

風待月の夕暮れ… 夏至を過ぎて、風を待ち遠しく思う頃、 いつから?涼やかな風が吹き、どこから?雲の群れが運ばれてきました。 水無月は、涼暮月(すずくれづき)、風待月(かぜまちづき)とも言われ、 美しい響きの日本語に、移り […]

桑畑にて_2017夏

美味しそうに桑の実を食べるタヌキ、ときどき、野生動物らしいポーズも。 ひとしきり食べ続けると、ぴょんぴょん、獣道へと走り去ってゆきました。 シルクにロマンを馳せた、マルベリーパープル色の桑の実が、熟す季節。 かつて養蚕が […]

重ね箱

手のひらから伝えるギャラリーに、「重ね箱」が並びました。 あったらいいですね~ ありそうでなかった~ そんなリクエストを、“かたち”にすることが、ものづくりの醍醐味のひとつ。 これまでも、さまざまな“もの”を生みだし、ロ […]

夏めく丘

草木も田園も緑深まる季節、春めく丘から夏めく頃へ。 「夏めく」とは言え、標高800メートルの丘の、今朝の気温はひと桁。 いくえにも重なる稜線の向こうに、富士山を望む、この風景を、 “こころの故郷”と、ことさらに感じた、水 […]

いつかの夕暮れ

ふと思い出す、いつかの夕暮れ。 ドラマチックな夕空が、楽しみな季節となりました。 田圃に水が潤い、得も言われぬグラデーションを映した、あの日。 池畔の夕涼み、夏雲とさざなみが美しい残照に染まった、あの日。 燃えるような黄 […]