monthly archive 2017/05

手のひらに馴染む_続

©2014 Nobutaka Sawazaki 手のひらにしっくりと馴染む、程よいまるみ。 指先をぴったりと添える、ここちよいかたち。 手のひらに馴染む、山桜のお椀。 私達の「お椀」は、高台(こうだい:脚部)も指先に馴染 […]

ななつ入れ子_終

©2014 Nobutaka Sawazaki どんな風に使おうか、あれこれイメージすることも、楽しさのひとつ。 いちばん大きなサイズに、すっぽりと片付くことも、嬉しさのひとつ。 まるい曲げわっぱが、順々に重なってゆく「 […]

ひんやりと

©2014 Nobutaka Sawazaki 手のひらに馴染む、山桜のお椀。 保温性の高い「漆の器」は、温かさを保つだけではなく、 これからの季節、ひんやりと冷たいデザートにもおすすめします。 お味噌汁やスープは冷めに […]

にわのわ アート&クラフトフェア・チバ_2017

今年のテーマカラーは、アンリ・マティスのブルー、マッチする切手に一筆を添えて こんな紺碧の空ひろがる、にわのわ日和となりますように! 信州小諸と首都圏をつなぐ、大切な出会いの輪『にわのわ』へ。 6月3日(土)・4日(日) […]

里山に親しむ

人里の周囲で、ひとの暮らしに活用されてきた「里山」は、 原生林のある「奥山」「深山」と区別される、天然林と人工林が混在する森で、 ひとの営みが自然と調和して織りなす、美しき日本の原風景です。 三内丸山遺跡の発掘により、縄 […]

森を歩く

周囲の自然と調和する建築、森の中に点在するツリーハウス、緑あふれる散策路。 ひと雨降るごとに、草木が葉をひろげる季節、 この丘から車で5分、100メートルほど下った、浅間南麓のまちを見わたす、 安藤百福記念 自然体験活動 […]

どこまでも