黄昏色に染まる時_2019睦月

澄みわたる冬空に映える、山並みと夕月、点々と輝く“地上の星”

hr1

東の空に仰いだ「二十六夜月」は、西の空の「夕月」へ、
月の満ち欠けに、移りゆく季節を知るこの頃です。
マイナス10℃超と今冬いちばんの冷えこみとなった、翌朝の前兆のように、
山ぎわのグラデーションがひときわ映える、マジックアワーとなりました。

こんな“そらいろ”を、心ゆくまでお愉しみいただきたい…との思いから、
『そらいろの丘』は、閉店時間を「~夕暮れまで」とご案内しております。
私達の「漆の器」のつかい手となってくださった皆さま、
薪ストーブの炎を灯りに、黄昏色に染まる時を、ご一緒しませんか?

hr1

Previous post空へ続く_2019冬 Next postこ膳_2019冬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です