重ね箱

檜材ならではの質感、漆塗りならではの陰影、オリジナルデザインの綴じ目も“そらいろスタイル”の重箱。

hr1

手のひらから伝えるギャラリーに、「重ね箱」が並びました。

あったらいいですね~
ありそうでなかった~
そんなリクエストを、“かたち”にすることが、ものづくりの醍醐味のひとつ。
これまでも、さまざまな“もの”を生みだし、ロングセラー商品へと育ててきました。

曲げ物の魅力を生かした重箱は、隅がまるく、フォルムもやわらかに。
目の詰まった選りすぐりの檜は、強くて軽い、手ざわりもかろやかに。
オリジナルデザインの綴じ目、1辺6寸(約180ミリ)と手頃な大きさ、
直接販売ならでは、ご購入いただきやすい価格帯を目指しました。

この「重ね箱」は、墨(すみ)・緋(あけ)仕上げからお選びいただく、受注製作品です。
『にわのわ』でお披露目したところ、嬉しい反響をいただきましたので、
まずは6月末で締切り、12月末にお届けできるよう、ご予約を承ります。
来年の初春は、新しい重箱で!という皆さま、詳細はこちらよりご案内いたします。

*ご愛顧いただきました「ななつ入れ子」は、おかげをもちまして、完売となりました。
今後は、“そらいろスタイル”のオリジナル品として、新しいかたちを試行してゆきます。

hr1

Previous post夏めく丘 Next post桑畑にて_2017夏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です