蝉羽月の夕暮れ

夏の訪れを予感するマジックアワー、風景にとけ込む『そらいろの丘』

hr1

風待月涼暮月鳴雷月
旧暦では盛夏の頃、水無月には「蝉羽月(せみのはづき)」という異称も。

夏蝉が鳴きだし、蝉の羽のような薄衣を身に纏う季節、に由来するそうで、
平安時代に生まれた「襲の色目」には、蝉の羽色と檜皮色の組み合わせも。
裏地が透けた独特の色合い、繊細な配色美は、奥ゆかしい和の美意識こそ。

ハルゼミからナツゼミへ、蝉の大合唱も声色が移りゆく頃、
この日の夕空は、蝉羽月の夕暮れと、こころに刻みました。

hr1

Previous postみつ入れ子 Next post常夏月の夕暮れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です