虹の向こうに_2019春

御牧ヶ原の大空に描かれた『環水平アーク』~ 忘れ得ない“そらいろ”に、はいポーズ!!

hr1

虹の向こうに願いを架けた、昨春を思う卯月終わり、
『そらいろの丘』の大きな窓から見わたす大空に、
大気中の氷の結晶と太陽光が屈折して起こるという、
虹色の光の帯「環水平アーク」が描かれました!!

ふたたび白い頂となった八ヶ岳と、富士見平を望む風景、
折しも『昭和の日』の前日、平成から令和への節目の春。
自然を愛でるこころを大切にする、日本が育んできた文化に、
あらためて目を向ける時代へ、忘れ得ない光景となりました。

hr1

Previous post芽吹きの季節_2019 Next post富士山を望む_卯月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です