荒船丸ゆく_2019睦月_続

金星と木星、佐久平の“地上の星”、寒空を進む「荒船丸」

hr1

「二十六夜月と明けの明星、木星の共演の幕開け」と、
お客様に教えていただいた、元日から、もうすぐひと月。
金星と木星が、今年前半でもっとも接近する!というニュースに、
早朝からカメラを構えて撮影した、明けゆく空に、星ふたつ。

よく見ると、木星の右方に、さそり座の1等星アンタレスも!
標準レンズで撮影した、拙い写真ですが、
はるか宇宙の神秘や地球の自転に、想いを馳せる、朝のひとコマ。
今月末には、また「有明月」が、惑星と並んで共演するそうです。

折しも、千曲ビューラインを照らす、ひと筋のヘッドライト…
森羅万象が描く、一瞬の光景と、こころに刻みました☆

hr1

Previous postみまき大池にて_2019冬 Next post富士見平を望む_2019大寒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です