荒船丸ゆく_2018師走

茜色から東雲色へ、移りゆく“そらいろ”と「荒船丸」

hr1

県境の山並みが映える、「荒船丸ゆく」風景。
つい先日まで、「荒船丸」の船尾から昇っていた朝陽が、
いつしか舳先の「経塚山」を越えた、師走のはじまり。

まだ薄暗い東の空に、ひときわ輝く「明けの明星」を見送り、
茜色から東雲色へ、刻々と移りゆく“そらいろ”を追いかけて、
山の端から昇る朝陽にエネルギーチャージ!1日の力が湧きあがります。

この丘へ根を下ろすことができた、感謝の気持ちをこめて、
来る年の元日も、朝6時オープン!10席ほどのちいさな店舗ゆえ、
漆の器」のつかい手となってくださったお客様限定のご予約制です。

2018年  2017年  2016年

新しい年のはじまりに、幸先のよい初日を、一緒に仰ぎませんか?
薪ストーブ燃ゆる空間で、こころよりお待ちしております。

hr1

Previous postこ膳_2018冬 Next post来る年の門出に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です