芽吹きの季節

やがて白い絹毛となり、風と共に旅立つ…野山に生きる樹木の、清楚な美しさと生命力。

hr1

ひと雨降るごとに、春の息吹を感じる頃。
昨春も真っ先に、早春のそらに映えた、あのバッコヤナギが、
今年も真っ先に、ひときわ目を引く、黄色い花を咲かせました。

三分咲きかな?と思っている間に、また雨、吹き荒れる浅間おろし…
いつしか花は白い絹毛に、木立の中でひときわ映える、若葉を広げていました。
同じく春を告げる樹木、ダンコウバイやコブシも、ちらほら咲きはじめました。

この丘から車で10分ほど、およそ150メートル下った小諸の町並みでは、
ようやく桜咲く季節を迎え、小諸城址 懐古園もにぎわっているようです。
花を愛でるために生まれた園芸種に遅れて、野生種の樹木も、芽吹きの季節へ!

hr1

Previous post山桜のお椀 Next postうららかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です