絹雲の朝

すぅーっと描かれた絹雲に、春の光を感じて。

すぅーっと描かれた絹雲に、春の光を感じて。

hr1

薄墨色の空が晴れて、久しぶりに八ヶ岳を望む朝、
すぅーっとした巻雲(けんうん)が、はるか続いていました。
絹のようにしなやかで、やわらかで、細やかなこの雲は、
絹雲(けんうん・きぬぐも)と書かれることもあるそうです。

なごり雪に覆われていた大地も、ところどころ土色に、
地中からみなぎる力が、早春らしい風景を描いています。
空は心を映すキャンバス、心を留める瞬間は人それぞれ…
早朝の『そらいろの丘』より、季節の移ろいを感じて。

hr1

Previous post氷柱の向こうに Next post時を経るほどに_続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です