秋深まる

上:息も白く、凛とした空気に包まれた朝、山の端から昇る朝陽が、あたたかな色合いに染めて。 下:「霜降」を過ぎ、ぐっと冷えこんだ朝、いち面真っ白に、霜が降りて。

上:息も白く、凛とした空気に包まれた朝、山の端から昇る朝陽が、あたたかな色合いに染めて。
下:「霜降」を過ぎ、ぐっと冷えこんだ朝、いち面真っ白に、霜が降りて。

hr1

大きな窓から、移ろいゆく風景も、秋深まるこの頃です。
この“原”を守り続ける、地元の方々の田圃は稲刈りが終わり、
「はさ掛け」や「藁ぼっち」が、秋深まる風景を織りなしています。

空がいちだんと澄みわたる、これからの季節は、
八ヶ岳も、富士山も、落葉した雑木林の間から北アルプスの峰々も、
この丘をぐるりと囲む山並みが、くっきりと描きだされます。

長月には「初雪化粧」だった富士山が、「初冠雪」と発表された朝、
日本一の白い頂は、曙色の山ぎわに、ひときわ美しく映しだされました。
「霜降」の暦通り、この丘から望む風景にも、真っ白な霜が降りました。

hr1

Previous postこころに響く Next post富士山を望む_霜月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です