神無月の夕暮れ

残照に映える秋雲は、この季節ならではの“そらいろ”。

hr1

神無月の夕暮れ…
「霜降」を過ぎて、秋深まる頃、
いつから?肌寒い風が吹き、どこから?雲の群れが運ばれてきました。

水無月が「水ノ月」と言われるように、神無月は「神ノ月」と言われ、
ふと見あげる空が、神々しく感じられる時もあります。
「夕焼けに鎌を研げ」という諺の通り、翌日は秋晴れに恵まれました。

いつかの夕暮れと題して、
風待月の夕暮れ涼暮月の夕暮れ染色月の夕暮れ紅染月の夕暮れ
こころに残る夕暮れを、この「そらいろ便り」へ綴ってきました。

ダイナミック&ドラマチックな夏空から、こころ染み入る秋空へ、
これからの季節は、ウッドデッキの向こうに、サンセットが映しだされます。
『そらいろの丘』の窓辺で、夕暮れの空を、一緒に見あげませんか?

hr1

Previous post時空を超えて Next post小春月の夕暮れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です