涼暮月の夕暮れ

涼やかな風吹く夕暮れ、みるみる描かれた、グラデーションに包まれて

hr1

とある日の夕暮れ…
どんより梅雨空の1日が終わろうとした、水無月の終わり、
いつから?涼やかな風が吹き、どこから?空がみるみる紅く染まりました。

瑠璃色から紅色へ、美しいグラデーションに包まれた『そらいろの丘』は、
その余韻にひたる間もなく、漆黒の闇へ、とけこんでゆきました。
水無月の異称「涼暮月」、まさにそんな夕暮れの、一瞬の光景でした。

月日もまた、あっという間に移りゆき、盛夏の季節はもうすぐそこに。
今年もまた、夏の思い出に、信州旅へぜひ!
御牧ヶ原ならではの“そらいろ”を、こころに刻んでいただけますように。

hr1

Previous post桑畑にて_2017夏 Next post風待月の夕暮れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です