海をわたる

いつかお役に立ちたいと、思い続けた願いかなって…

hr1

季節はずれの朝顔ですが…

一昨年の夏、工房のグリーンカーテンにと、
塗師自ら、種をまき、水をやり、草をとり、蔓を巻かせて、
大切に育てた朝顔が、英訳本の装丁となって届きました。

雨が少なく、からっとして、太陽の光ふりそそぐ小諸に咲く花は、
濁りがなく、きらっとして、生命力あふれる鮮やかな色彩が際立ち、
ある朝、その感動をフレーミングした、さりげないスナップ写真。

学生時代の恩師が手がけた、日本文学を世界へ伝える和文英訳本
林 芙美子が残した言葉「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」、
その描写が心に刻まれる、1冊となりましたら幸いです。

海をわたる1枚の写真に、私達の心にも、小さな花が咲きました♪

hr1

Previous postそらいろの丘_雪原 Next post冬木立の向こうに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です