浅間山を望む_弥生

ふぅ~っと煙たなびく浅間山、山笑う季節は、もうすぐそこに。

hr1

うぐいすの初鳴きに振りかえると、白雪をまとった、浅間山も深呼吸。
弥生の終わり、標高800メートルの丘には、淡雪やぼたん雪が舞い、
山頂はふたたび白く際立ち、山眠るから山笑う、季節の移ろいを伝えていました。

卯月のはじめ、卯の花が咲く月とも、卯月に咲くから卯の花とも言われますが、
各地から届く花だよりに、気後れしながら、芽吹きの季節を待ちわびるこの頃。
『そらいろの丘』に、若草色の風景が広がる季節は、もうすぐそこに…

にわのわ アート&クラフトフェア・チバ 2017』の出展者が公開されました。
NPO法人ドングリの会の活動地、久留里の森づくりのご縁から、今年もまた出向きます。
6月3日(土)・4日(日)、緑あふれる佐倉城址公園で、出会い&再会を楽しみにしています!

hr1

Previous post愛着もひとしお Next post清明の頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です