桑畑にて_2018夏

初夏の陽射しを浴びて輝く桑の木、風に吹かれて実を落とす
風が止むとやって来るポコリン、野山の幸にお腹もぽっこり

hr1

風抜ける木立で、元気そうに枝を広げる桑の木に、
マルベリーパープル色の桑の実が、たわわに熟す季節となりました。
パンダの赤ちゃん誕生から1年、愛らしいニュースに、
そろそろかな?と、そわそわしていると、のそのそと動く影ひとつ。

艶やかな毛並、その表情や仕草が、昨年のポコリンにそっくり♡
野山の幸に恵まれて、元気そうな様子を、嬉しく思いました。
タヌキは、群れをつくらず、単独かペアで行動するようです…
そんな生態にも親しみを感じながら、獣道の向こうを見守りました。

地主さんのご厚意で、コツコツと整備した甲斐あって、
シルクにロマンを馳せた、桑畑は今、皆が集う憩いの場。
みんなみんな生きているんだ 友達なんだ~♪
思わず口ずさみ、笑みがこぼれる、桑畑にてほっこりと。

hr1

Previous post芒種の頃 Next post鳴雷月の夕暮れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です